電源が入らない際の意外な対処法

電源が入らない際の意外な対処法

電源が入らない際の意外な対処法
電源が入らないときのパソコンには、とりあえず基本的対処を試してみる必要があります。

 

ただ、それらの対処を試しても電源が回復しないケースは多々あります。

 

そうなると、自力で修理するのはひと度不可能です。

 

大抵の場合は、電源やハードディスク、あるいはCPUなどのパーツが故障トラブルを起こしているからです。

 

 

その場合、パーツを買い替えることで回復させることはできるかもしれません。

 

ただ、どこが壊れているかというのも先輩でなければわからないので、結局はパソコンを修理に取り出すか、買い替えるしかありません。

 

いずれにせよ、大金が必要となります。

 

 

ただ、場合によっては最低限の出費ですむケースもあるので、電源が入らないからといってアッという間に断ち切るのは得策ではありません。

 

たとえばタブレットの場合は、バッテリーやメモリーの接続不良という原因が考えられます。

 

この場合、バッテリーやメモリーを一旦外し、もっと装着することで、電源が加わるようになるのです。

 

また、これらが故障している場合は、新しくその部分だけ入れ替えると回復することがあります。

 

おんなじ機種のパソコンを予備に持ち歩いている場合は、そこからメモリーやバッテリーを外して付け替えてみると良いでしょう。

 

 

この他にも、トラブルによって電源が入らなくなったパソコンが、暫し時間を置いておくと電源が入るようになるに関してもあります。

 

この場合は、熱や水が原因のケースが考えられます。

 

熱が冷めたり、内部に入り込んだ水が乾いたりしたことで電源が混じるようになった、ということになります。

 

従って、一日置いて改めて電源を入れて見るということも試してみましょう。

 

 

 

電源は入るが、途中で止まるトラブルの対処法

 

電源が入っているのに、パソコンの画面上が真っ暗なケースでは、モニターに原因があるケースが多いですね。

 

その場合、デスクトップパソコンとタブレットでとっても対処が異なっています。

 

デスクトップパソコンの場合は、モニターとパソコン本体がそれぞれ独立しているので、ほとんどモニターの方に問題がないか確認をする必要があるでしょう。

 

 

このトラブルに対する一番確実な方法は、別のモニターをつないでみて、もう一度電源を入れて見ることです。

 

これで仮に正常に動作すれば、モニターに問題があるということが確定します。

 

モニターの電源を入れているか、接続が不完全ではないか、コードが傷んでいないか等、何かと確認してみましょう。

 

でも問題がわからない場合はモニター内部の故障である可能性が良いので、モニター自体を入れ換える必要があります。

 

予備があればありのままそれを使用しても良いでしょう。

 

近年、液晶モニターの価格はかなり落ちてきてあり、サイズさえ高望みしなければ10000円程度で購入可能です。

 

意外と高価ではないので、置き換えられるならば置きかえておいても良いでしょう。

 

 

タブレットの場合は、モニターだけ入れかえるということはできません。

 

ただ、液晶ディスプレイが壊れてしまったという状況ではなく、ディスプレイドライバやビデオメモリ、ビデオボードが故障したについても考えられます。

 

この場合の対象方法は、タブレットに外付けのモニターを接続し、電源を入れてみましょう。

 

これで外付けモニターに正常な起動画面が映れば、ドライバ等が原因のトラブルということになります。

 

公式HPにある最新のドライバを入れて見る等の対処を試してみましょう。

 

 

 

キーボード関連トラブルの対処法

 

数多くのパソコントラブルの中それでも、断然多いといわれているのがキーボードのトラブルです。

 

キーボードはパソコンのパーツの中それでも圧倒的に手で接する機会が多いため、どうにも人為的なミスや損傷というものが多くなってしまうのです。

 

更に中古パソコンを購入した場合は、非常にトラブル度数が高くなります。

 

 

キーボードのトラブルで別に多いのが、入力を受付けないというものです。

 

この場合、「特定のキーがきかない」についてと、「キーボード全般が入力を受付けない」についてとに分かれます。

 

ほんとに、前者の場合は、ほぼ絶対キーそのものが損傷していることに起因します。

 

この場合は、狭くて手強いものによってキー上のラバーをまくり、キーがどうなっているか確認することで対処できることがあります。

 

ゴミが詰まっていることもあり買い入れるからです。

 

ただ、多くの場合は完全に壊れている状況なので、その場合はそのキーの入力を辞めるか、キーボードを買い替えるか、修理にもたらすかしか方法はないでしょう。

 

タブレットの場合は買い替えることもできないので、中古を購入する際にはとにかく注意が必要です。

 

 

断じてキーボードがきかない場合は、コードが潰れていたり、ドライバが故障していたりという原因が考えられます。

 

ドライバの故障は、メーカーのHPから最新ドライバをDL、インストールすることで対処ください。

 

 

キーボードのトラブルには、その他に「入力した際に思い通りの字が出てこない」等のケースがあります。

 

この場合の多くは、かな入力とローマ字入力が入れ替わっていたり、半角と全角が臨みできない状態だったりについてです。

 

前者の場合は、「Ctrl」+「カタカナ・ひらがな」キーを押し、切り替えを行いましょう。

 

後者は稀にある誤作動で、再起動させれば大抵切り替えが可能となります。

関連ページ

パソコントラブルの恐怖
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
メーカーに直接質問をしてみよう
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
基本的な問題行動を知っておこう
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
マウス関連トラブルの対処法
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
時計関連トラブルの対処法
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
フリーズ関連トラブルの対処法
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
メール受信関連トラブルの対処法
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
検索関連トラブルの対処法
電源が入らない際の意外な対処法、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。