企業に求められるもの

企業に求められるもの

企業に求められるもの
検索エンジンで検索をかけて表示されたものを悪用するというマルウエア攻撃がひどくなってきています。

 

そのため気になるリンク先があってもSEOポイズニングなどを心配してアクセスすることをためらう人も多くなっています。

 

企業などが提供するWebサイトの場合は何より、顧客を獲得するためにもしっかりとしたSEOをすることと、セキュリティ対策を正しく行ってユーザーが安心してサイトに訪れることが出来るような環境作りをすることが大切です。

 

企業などが自社サイトへの訪問者を増やしたいのであれば、SEOとセキュリティ対策の二つを行う必要があるということです。

 

 

2010年に発表された調査結果に因ると、検索エンジンを使ってキーワード検索をしたら、検索結果として表示されたもののどうも3分の1も危険なリンクが表示されたそうです。

 

これらの危険なリンクによって、ユーザーはマルウエアに感染したり、悪意のあるWebサイトに誘導されたりして大切なプライバシーを盗まれてしまう。

 

中それでもWebサイトにアクセスしたら、その時点で直ちにマルウエアに感染してしまうという攻撃が増えています。

 

これは「ドライブバイダウンロード」という攻撃で、近年の増加によって、ユーザーのサイトへのアクセス自体をためらわせる原因となっています。

 

このようなことが貫くと企業にとって機会損失として企業としても新規顧客の獲得などが難しくなりダメージを受けることになります。

 

 

このような事態にあたって最近では、安心してアクセスすることが出来るWebサイトということをアピールして、自社サイトの価値を上げる対策をこうじている企業も多くなっています。

 

 

 

手口

 

ずっと手口を変えてサイバー犯罪者は不正活動を通じて来る。

 

ずっと入れ替わる手口に新しい被害者が増え続けています。

 

偽のセキュリティソフトには十分用心しなければなりません。

 

 

中けれどもやっぱり一番はSEOポイズニングによる犯罪です。

 

インターネットの発展にそって拡大しSEOポイズニングによる被害は増大し、セキュリティ業界がたとえ努力してもその犯罪の影は消え去ることがありません。

 

2009年には会社向けのサイトとして有名なソーシャルネットワーキングのサイトに偽のセキュリティソフトが潜んでありダウンロードさせるという攻撃が発見されました。

 

その後もわずか数カ月の間でその手口は変化し、SEOポイズニングの手法も増し続けました。

 

 

中それでもセキュリティソフトの不正プログラム「FAKEAV」は、世界中で話題となった出来事やニュースに対してある程度目を光らせて、感染拡大をはかりました。

 

ユーザーが最新の情報を分かるためにニュースや話題の人ものをネットで検索することでSEOポイズニングによって操作された不正なWebサイトが上位表示されてURLをクリックすることで「FAKEAV」に感染してしまうのです。

 

主なニュース、話題を利用とした偽のセキュリティソフトの配布は、サイバー犯罪者にとって最も利用しやすい頼りになるツールなのです。

 

 

二度と検索エンジンの大手Google内のGoogleトレンドと真新しい技術を組み合わせたSEOポイズニングが新攻撃の手口として利用されているとのことです。

 

GeoIPでは、特定の地域のユーザーが利用するため、ユーザーの所在地を特定出来るとしてセキュリティソフトによる攻撃の的ともなっています。

 

 

 

犯罪者の手口と目的

 

2009年の1年間で確認することができた偽のセキュリティソフトについてその侵入経路、アプリケーション名には様々なものがありました。

 

ただしサイバー犯罪者の目的については、金銭目的という点で一致しています。

 

サイバー犯罪者たちのSEOによる犯罪行為は、アンダーグランドの組織でのつながりにおいて業務として利益を上げています。

 

サイバー犯罪者はこれからも積極的にあからさまに脅して現れる手口においてくると思われます。

 

これは短期間で利益を上げたいとしているからです。

 

犯罪者が利益を探し求めることでよりSEOポイズニングなどを利用した犯罪が深刻な被害をユーザーに繰り出すことでしょう。

 

 

アメリカのFBIにおいても偽のセキュリティソフトを教える犯罪者の活発な不正活動によって多大な金額の被害が発生していると報告しています。

 

偽のセキュリティソフトによる詐欺というのは、サイバー犯罪の中けれども古い手法の一つです。

 

但しその分成功率も厳しいために長期にわたって存続しているとも言えるのです。

 

 

偽のセキュリティソフトによる手口では、ユーザーに偽の警告で戦慄を届けるというのが仕掛けです。

 

最近ではその仕掛けを発展させてSEOポイズニングにおいて身代金を要求するなどの手口を行う攻撃も確認されています。

 

今後もこの偽のセキュリティソフトによる不正活動が貫くことは明らかです。

 

どういう手口を今後使ってくるのかは想像するしかないです。

 

 

 

安全を維持するためにできること

 

犯罪者による攻撃がグングン貫くことが予想されますが、SEOポイズニングによる手口、それ以外にもどのような手口で攻撃達するのか想像するしかないと申し上げました。

 

当社が安全を維持するためにできることと言えば、どんな罠がたくらみられていたとしても被害者にならないように万全なセキュリティ対策をするしかないのです。

 

 

世界中のインターネットの使用状況を公開しているWebサイトの情報によると、今インターネット人口は世界中で20億人以上いるそうです。

 

このユーザー全体が各自のコンピュータのセキュリティ意識を高くして対策を行わない限りSEOポイズニングを始めとする犯罪から身を続けることはできません。

 

不正なプログラムから身を続ける、つまり感染しないようにするためには、一層基本的ことを守らなければなりません。

 

知らない人からのメールを気軽に開かないこと。

 

知らない人からのメールに添付されているURLをクリック打ち切ること、添付ファイルを実行しないこと。

 

何が添付されているのか気になるところですから、多くの人が好奇心に負けて罠にはまっています。

 

複雑な不正プログラムからの攻撃の場合は、注意していても防げないものもあります。

 

 

中にはアプリケーションのもろい点をついて感染活動を行う不正なプログラムも数多く存在するので、コンピュータをいつも最新の状態にアップデートしておくことも有効な手段です。

 

再び効果的防御策としては、総合的なセキュリティソフトにおいて、メールやファイルなどユーザーがアクセスするものを評価して不正なものを見極めるという手段があります。

 

このようにしてSEOポイズニングによって上位に表示された検索結果から不正なものを突き止めることは困難なので、仮にもの場合の対応策としてセキュリティ対策を通しておくことが大切なのです。

関連ページ

SEOとは
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
企業に求められるもの、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。