偽セキュリティソフト

偽セキュリティソフト

偽セキュリティソフト
トレンドマイクロ社が自社のセキュリティサイトにおいてSEOポイズニング因る偽セキュリティソフトへの誘導をする事例があることを報告しました。

 

一般的にWebサイトを検索エンジンの結果表示において上位にランクインさせるためにSEOを行います。

 

このSEOについて悪意を以てすることを「SEOポイズニング」と呼んでいます。

 

SEOポイズニングによって誘導されたユーザーは不正なWebサイトを表示することになってしまう。

 

 

近年このSEOポイズニングをつぎ込み不正なWebサイトをユーザーに訪問させて偽のセキュリティソフトへの誘導を行うという行為が相次いで起こっています。

 

これによって多くのユーザーが大切なプライバシーを盗まれ、金銭被害に合っているそうです。

 

偽のセキュリティソフトは、そのソフト自体大した機能を携帯していません。

 

但し「セキュリティ対策を簡単にこのソフトで行えます。
」と偽ってソフトを配布することによって多くのユーザーがウィルスに感染していないパソコンに対して使ってしまう。

 

偽りの警告でユーザーに恐怖をあおって、グングン問題を解決したければ有償版のソフトを買うようにと勧めて金銭を惑わし取っているのです。

 

 

再び有償版のソフトの代金だけではなく、支払いの際に利用したクレジットカードのIDとパスワード情報を盗み、これを悪用して一層大きな金銭被害を及ぼすこともあります。

 

2010年においては、ユーザーが最も注目しそうなキーワードとして、「iPad」や「ハイチ大地震」や「ジョニーデップ死去」などを検索すると検索結果にSEOポイズニングを確認したとの報告があります。

 

話題のキーワードを検索する時としてくれぐれも注意してください。

 

 

 

偽セキュリティソフト2

 

具体的にSEOポイズニングによって誘導変わる偽のセキュリティソフトについて説明します。

 

一層アップル社の製品「iPad」についてです。

 

世界中からの注目を集めているアップル社のタブレット型PCである「iPad」。

 

多くのユーザーが注目するということはもちろんサイバー犯罪者も注目しているのです。

 

この「iPad」というキーワードに目をつけて、偽のセキュリティソフトを知らせるのに利用しています。

 

検索エンジンなどで「iPad」関連のキーワードを検索して、表示された結果をクリックすると、偽のセキュリティソフトへ誘導変わるというSEOポイズニングが現に発見されています。

 

この攻撃では、見た目が洗練されていて偽のセキュリティソフトに誘導変わるためわかにりくいです。

 

再度PC内の複数のサービスを停めてしまい、ウィルスをPC内にダウンロードさせるという活動を行います。

 

iPad関連では多数の不正サイトが発見されていますから、注意が必要です。

 

 

次に2010年1月に起こった「ハイチ大地震」、この出来事、キーワードにおいてもサイバー犯罪者に利用されています。

 

ここで誘導変わるのは、他の偽セキュリティソフトよりも断然不正活動を活発に行なうものです。

 

レジストリ値をたくさん追加してきたり、HOSTSファイルを改変したり、不正なファイルを作ったりそれを実行したりすることもできます。

 

見た目はとても精巧につくられているので偽のサイトであることを見極めることは困難です。

 

 

 

偽セキュリティソフト3

 

現に起きているSEOポイズニングによる偽のセキュリティソフトへの誘導被害は未だあります。

 

SEOポイズニングの標的は、有名人にも及んでいます。

 

たとえば近年亡くなったスターなど、多くの人が興味を持ちそうなキーワードをすべて利用しているのです。

 

 

有名人の訃報によるものとして「ブリタニー・マーフィ」があります。

 

アメリカの女優さんでさっさと死したその理由に興味をもったユーザーが大勢検索をかけています。

 

彼女を検索しているとそのたどりつく先には、偽のセキュリティソフトが待っています。

 

ウィルス検索画面が表示されて偽の警告表示によってユーザーを焦らせます。

 

 

アメリカの人気俳優である「ジョニー・デップ」についてもSEOポイズニングの事例が報告されています。

 

2010年にジョニーデップが死去したとのデマ情報が流れて多くの人が驚きました。

 

これは誰かが偽のニュースサイトをWeb上に作成し、そこに乗せたデマ情報なのです。

 

これに便乗してサイバー犯罪者がSEOポイズニングをたくらみてきました。

 

ここでは「Drive Cleaner 2006」というソフトに誘導されます。

 

これをクリックしてしまうと、偽のセキュリティソフトやウィルスなどをダウンロードすることになってしまいます。

 

 

またスパムメールによる攻撃も多くなっています。

 

添付されているビデオやメモPDFファイルなどをクリックするとウィルスがダウンロードされます。

 

正にある組織の名前としてメールを送ってくる例も多々あります。

 

身に覚えのないメールは開かないことが大切です。

関連ページ

SEOとは
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
偽セキュリティソフト、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。