カテゴリー登録

カテゴリー登録

カテゴリー登録
自分のサイトを宣伝するための特に費用対効果のある方法として挙げられるのが「カテゴリー登録」です。

 

Yahoo!やGoogleなど大手検索エンジンにて立ち向かうことができます。

 

カテゴリー登録をすることで、SEOを施していなくても検索結果の上位に表示されやすくなります。

 

カテゴリー登録をするには企業サイトやよほど大きなサイトでなければ無理、個人では無理だとしている人もいると思いますがそうではありません。

 

個人が作ったホームページでも勿論カテゴリー登録をすることができるのです。

 

これができればSEOを一生懸命行う必要がないのです。

 

 

際立つホームページサイトの場合は、何もしなくても自動的に無料でカテゴリー登録されます。

 

ただしよほど際立つホームページサイトでない限りは無理な話です。

 

その場合は少し審査料を払って審査を依頼し登録することができます。

 

Yahoo!といった大手サイトにおいてカテゴリー登録していることは精度が直し、その効果も優。

 

ますますホームページネットに「Yahoo!のカテゴリー登録サイト」と書くことで、サイトに訪れたユーザーが「このホームページは信用できる」としてくれる。

 

大手検索エンジンならばセキュリティ面も安心です。

 

 

SEOにはさっぱり関係がなく上位表示されることができる有効な手段です。

 

SEO会社にSEOを依頼すると費用がかかりますし、セキュリティ対策を依頼すると尚更費用がかかります。

 

但しカテゴリー登録ならばひとまず登録料を払うだけです。

 

登録された日からサイト訪問者が急激に増えます。

 

ぜひとも一度試してみてください。

 

 

 

PDFによる被害報告

 

セキュリティ企業によるとSEOポイズニングの被害はPDFファイルを悪用したものも存在するそうです。

 

SEOを悪用して、人気のあるキーワード、最近話題のキーワードなどを検索したときに不正なWebサイトを上位に表示するSEOポイズニングは一般のWebサイトだけではなく、PDFファイルにも潜んでいるということです。

 

セキュリティ企業が紹介したモーフィングPDFです。

 

Webサイトを訪れているユーザーがPDFファイルはさほど嫌疑を抱いていないこと着目した攻撃の手口です。

 

また検索エンジンはインデックスファイルのキャッシュ更新をするインターバルにタイムラグが存在することを利用されたのです。

 

 

攻撃する側が行うことは最初に無害なPDFファイルの中に標的とするキーワードを入れて検索エンジンにインデックスします。

 

そうしてそのファイルが検索上位に表示されることを確認します。

 

確認ができたらローカルに保存してあるファイルを不正なコードを埋め込んであるHTMLに入れかえるというもので、これをモーフィングと言います。

 

そうしてユーザーが何も知らずにファイルをクリックすると不正なサイトへ誘導するFlashを実行するという仕組みです。

 

ただしこれらはパソコンにセキュリティの対策ソフトを充分インストールしてあれば防ぐことができます。

 

このようなことを見ても不用意に見知らぬファイルにアクセスすることがどんなに危険か、そしてウィルス対策ソフトなどを常駐させることの大切さをおわかり頂けたと思います。

 

 

 

万全なセキュリティ対策

 

普通にWebサイトをめぐっているだけの状態よりも、個人でブログやホームページを作成し開設した方が特に悪質なSEOの被害あるいは、迷惑メールなどの被害が多くなります。

 

今までよりも再びセキュリティ対策を厳重に立ち向かう必要があります。

 

せっかくサイトを開設しても、パソコンがウィルス感染してしまうと安心して利用することができなくなってしまいます。

 

まさにやるセキュリティ対策について考えてみます。

 

まずWindowsユーザーの場合、Windowsのアップデートは定期的に行ってください。

 

Windowsユーザーは多いため攻撃対象となることが多くなります。

 

やはりマイクロソフト側も悪意のあるSEOやウィルス対策などは行っています。

 

そのため定期的にアップデートすることで新種のウィルスだとしても結構対応することができるのです。

 

少なくても1週間に1度は行うようにしてください。

 

 

これだけでは万全ではありません。

 

もっと一門総合セキュリティソフトをパソコンに本当にインストールください。

 

アンチウィルスソフトそうしてパーソナルのファイヤーウォールにも対応している総合ソフトです。

 

中それでもウィルスの検出率が高いソフト、そして新種のウィルスにも対応しているソフト、パソコン動作を妨げない軽いものを選ぶといいです。

 

最近人気の「ESET Smart Security」がオススメです。

 

今あげた条件をすべて満たしなおかつ低価格を実現している際立つセキュリティソフトです。

 

 

 

XSS

 

「XSS」がSEOに利用されているそうです。

 

「XSS」とは、悪意のあるユーザーが扱うものでXSSを使うことで他人のサイトにスクリプトを埋め込んで、本来のそのサイトで作っていないスクリプトを呼び出し実行させるものです。

 

たとえばクッキーによる盗聴などもその一つです。

 

 

SEOではHTMLコードを表示するのにXSSを使います。

 

これは悪意のないもので自分のサイトへリンクを組み立てるためのコードです。

 

セキュリティ専門家の立場からいうとこの戦略はSEOではありえないものですそうです。

 

ただしこのセキュリティの常識を打ち破って今XSSを使って他のサイトに自分のサイトのリンクを埋め込むという方法があるのです。

 

SEOにおいてリンクを獲得することは重要な要素です。

 

それだけの効果があるのですが、ただ苦労が多すぎるため相当なマニアでなければ打ち切る手法です。

 

この方法においてXSSだけでリンクを貼っても全然効果がないそうです。

 

但しノーマルのリンクに対してXSSをスパイスとして添えることでうまく動くというのです。

 

本来XSSは悪意を以てスクリプトを埋め込むときに使います。

 

それをうまく利用することでSEOにおいても効果を発揮するそうです。

 

 

XSSによるSEOをすることについての評価は「ある」「なし」の両方が存在しています。

 

そのサイトのURLやコンテンツによって状況はなるそうです。

 

成功している例は極めて少ないといえそうです。

関連ページ

SEOとは
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
カテゴリー登録、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。