ソフトの押し売り

ソフトの押し売り

ソフトの押し売り
近年あんなメールが出回っています。

 

それは「あなたのパソコンがブラックウォームに感染の危険があります。
」といったようなメールです。

 

メールには再びURLがリンクされており、至急そのセキュリティソフトをダウンロードした方が素晴らしいというお薦めリンクも貼られています。

 

このようなSEOスパム対策を逆手にとったセキュリティ対策ソフトの押し売りをする詐欺メールが横行しています。

 

これはダウンロード詐欺です。

 

そんなメールに驚いてあわててダウンロードすると、パソコンになにかのウィルスが入ってしまい不具合をおこしてしまうことになります。

 

気をつけてください。

 

 

このようなダウンロード詐欺に合わないために出来る予防策としては、規則正しい知識を持つことです。

 

一般的にセキュリティ対策の正規製品を取り扱っている製造会社あるいは商人がこのような脅しメールを一方的に送ってくることはありえません。

 

しかも対策ソフトをダウンロードさせて販売するという方法もとっていません。

 

このような手口で販売されているものに関しては、セキュリティソフトの機能を果たさないものが多くて、ひいては利用料を請求して生じる場合もあります。

 

スパイウエアが仕込まれていてパソコン内のプライバシーが盗まれて仕舞うこともありますから注意してください。

 

如何わしいメールはあまりダウンロードしないことが大切です。

 

定期的にパソコンのウィルスチェックを行うことも予防策として有効です。

 

知らないうちに無意識でSEOによって上位表示された有害なサイトを開いてウィルス感染していることもあるからです。

 

 

 

SEOスパムの罰則

 

SEOスパムによる被害が増大するなか、検索エンジン側としても定期的にチェックするなどセキュリティ対策を施しています。

 

SEOにはシステムの癖があります。

 

この癖を通じてちょいずるい方法で検索結果の上位に表示されようとしている人も多いです。

 

本当にSEO会社などに依頼した場合、このずるい方法スレスレのことを通じています。

 

だからこのような会社に外注するときは注意してください。

 

このような方法がいつまでも有効なわけではないのです。

 

検索エンジン側も終始このようなずるい方法の情報収集をしこのようなことに対してのセキュリティ対策を通しています。

 

 

SEO会社に依頼して、あるいは自分でSEOを通じてその結果それが検索エンジン側からスパム行為として判断されてしまった場合、罰則を受けることになります。

 

もしこのように罰則にあたってしまったらどのように対処すればいいのか考えてみましょう。

 

 

最初にすることは、検索エンジンにスパム行為と判断されたその要因を除くことです。

 

スパムの実例を探るなどして自分がどの行為に当てはまっているのか照らし合わせてチェックしてみてください。

 

要因をすべて取り除いたらもうサーバーにアップして検索エンジン側に登録の申請をしてみましょう。

 

 

但し激しい罰則が科せられてしまった場合。

 

ドメイン自体がとっくにくれぐれもインフォーマルように登録されてしまった場合は、従来のドメインを捨てて初々しいドメイン名を取得するしかありません。

 

その場合ホームページも新たにアクティベーション治すことになります。

 

 

 

相互リンク

 

SEOとして簡単にできる方法の一つに「相互リンク」があります。

 

最も手軽な方法で、SEOに関しての専門知識がなくてもできることです。

 

自分でホームページサイトを開設したのならば、最低でも1週間に1回、相互リンクを繰り返すようにしていくといいです。

 

 

相互リンクというのは、自分がいいと思ったサイトを見つけたらそのサイトとお互いにリンクを貼り見合うことをいいます。

 

相互リンクをくっつけるときの大切なポイントとして、リンクを貼りたいサイトの管理者に許可を取るということが必要です。

 

サイトの管理者にはメールなどで相互リンクのお願いをします。

 

お願いする時として一方的にリンクを貼ってくれとお願いするのではなく、お互いに平等な立場においてリンクを貼り見合うことを依頼します。

 

お互いに面白くリンクを付けることができるように、丁寧に交渉しなければなりません。

 

突然わけのわからないメールを届けると、相手側のセキュリティにひっかかってしまうかもしれません。

 

 

SEOを通じているサイト管理者のなかで相互リンクは常識なので申込みを丁寧に行えば大丈夫です。

 

依頼の仕方にも一定のルールがあります。

 

仲間目は、相互リンクの依頼をメールする前に、では自分から相手のサイトへのリンクを貼っておくようにしましょう。

 

依頼したときにリンクを貼っていないと、「自分も貼っていないのにこちらに先に依頼するのか」と気分を害されてしまうかもしれません。

 

2つ目は、依頼するメールの文章はビジネス文書のようにきちんとした文面で書くようにします。

 

仮に自分宛てに忽ちわけのわからない相手から失礼な内容のメールが届いたら、普通は返信控えるものです。

 

当然セキュリティのことを考えても相手をうさんくさいと認識したらその後メール自体受け取り拒否される可能性もあります。

 

ポイントとしては、相手のサイトの愛する点、感想を一言添えてから、相互リンクしたいと思った理由を書いて相手にお願いすることです。

関連ページ

SEOとは
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
ソフトの押し売り、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。