個人でできるSEO対策

個人でできるSEO対策

個人でできるSEO対策
SEOの仕組みが巧妙化してきたことで、SEO会社などに依頼してきちんとした対策をしなければ検索表示の上位に罹ることは難しくなってきました。

 

ただしコインで出来る範囲のSEOもあります。

 

終わるよりはやった方がもちろん上位に表示されると思います。

 

 

ではホームページの情報量を繰り返すことです。

 

検索エンジンのそもそもの目的と言えば、有難い情報が掲載されているホームページを検索してユーザーに知らせるものです。

 

そのため多くの情報が掲載されていた方が少ないよりは頑としていいですし、検索エンジンも情報量が多いものを憧れます。

 

現に上位に表示されているホームページでは、たくさんのページがあります。

 

ページ数が増えればやはり、ページタイトルもサイトの単語数も増えます。

 

するとキーワード検索によって多くの集客を得ることが出来るのです。

 

 

またホームページの更新頻度も、検索エンジンの重要なポイントです。

 

更新頻度を褒めちぎるとSEOの成果を上げることにつながります。

 

更新頻度を多くすると、検索エンジンの情報収集隊がサイトをめぐって頂ける。

 

すると更新した情報を検索結果にいち早く反映して表示してもらえるので上位表示されやすくなるのです。

 

 

そうして気をつけてほしいのが、セキュリティについてです。

 

検索エンジンが考えるポリシーに反してSEOを通じていると、スパム行為としてみなされて仕舞うことがあります。

 

これは検索エンジンが悪質なサイトからユーザーを続けるためをめぐっているセキュリティ対策のためです。

 

スパム行為とみなされた結果、検索エンジンよりペナルティを受けることがあります。

 

最悪の場合、検索結果に表示されません。

 

これを防ぐためには、SEOの識者に相談することが大切なセキュリティ対策と言えるでしょう。

 

 

 

SEOスパム

 

SEOを行う際に注意しなければならないことがあります。

 

それはセキュリティです。

 

検索エンジンのSEOを悪用して、ホームページサイトの制作を通じて検索結果の精度を引き下げることを「SEOスパム」と言います。

 

 

その手法としては、ホームページ内やタイトルタグに大量のキーワードを羅列したり、ページの中の内容とはさっぱり関係のない単語を埋め込んだりします。

 

その場合すぐには見つけられないように背景と同じ文字色にするとか、文字を誠に小さくして思えづらくするなどの行為を行います。

 

ですから良質なサイトも文字色や文字サイズをこのようにするとスパム行為とみなされてしまう危険があります。

 

キーワードの回数の望ましいのは1ページの中で5%程度となっています。

 

 

またスパム行為の特徴として、色んな悪質リンクを貼りめぐらして、悪質サイトに誘導するということがあります。

 

そのため大量にリンクを貼っていたり、無差別にリンクを貼っていたりするとスパム行為と判断されてしまう。

 

SEOのためけれども自分のサイトにとても関係のない内容のリンクを付けるとホームページの品質に関するのでやめたほうがいいと思います。

 

被リンクを必要以上に繰り返すことはセキュリティ上よくありません。

 

無差別にリンクをくっつけるのではなく、人気のあるサイト、良質なサイト、内容のすばらしいサイトを選ばなければ、サイトの品質がおちて評価が低くなってしまいます。

 

二度と注意してください。

 

 

 

SEOポイズニング対策

 

先にもお話ししましたように、SEOポイズニングでは検索エンジンにおけるSEOを逆手にとってウィルスやマルウエアなどをサイトに仕込ませて置き検索結果の上位表示をさせて多くのユーザーにアクセスさせようというものです。

 

SEOポイズニングは手法のことであって、まさにたくらみられて現れる攻撃はいろいろあります。

 

個人でできるセキュリティ対策として、IE自体のセキュリティレベルを「高」にしておくという発想もありますが、これはからきし効果がありません。

 

SEOポイズニングを防ぐには検索サイト側で行わないと意味がないのです。

 

一つの方法としてあるのは、検索結果として表示されたものを事前にチェックすることができるソフトウエアを通じて自分で防ぐこともできます。

 

但し一際簡単に自分でできるSEOポイズニング対策としては、仮に上位に表示されたSEOポイズニングのサイトを誤って開いてしまった場合に、パソコンなどに感染しないようにちゃんとパソコン側のセキュリティ対策を通しておくことです。

 

SEOポイズニングのサイトを避けて良質なサイトだけを完全巡ることは不可能というと思います。

 

ですから、開いてしまっても感染しないように防御対策をしっかりととっておくことが大切なのです。

 

 

具体的なセキュリティ対策としては、ウィルス対策ソフトをパソコンにインストールして始終デスクトップに常駐させておくようにするとかブラウザのアップデートもこまめに適用するようにしていれば大丈夫だと思います。

 

余程のことがない限り、そう簡単には感染しないと思います。

 

セキュリティレベルも最高に設定しておいてください。

 

できる対策としては、感染しにくい状況を見つけること、そして既知ウィルスはブロックできるようにしておくことです。

 

 

 

AMTSO

 

世界にはSEOポイズニングにおいて感染するマルウエア対抗するためにセキュリティの研究を重ねている機関があります。

 

「AMTSO」は「Anti-Malware Testing Standards Organization」の略で、マルウエアの対策製品テスト収束団体のことです。

 

このAMTSOではマルウエアなどの脅威に対抗するためにセキュリティソフトの開発を通じています。

 

製品テストを重ねて現実に運用できるように努力しています。

 

このソフト開発はWebユーザーに利益をもたらす画期的なものです。

 

 

SEOポイズニングだけではなく、一般的にセキュリティ製品を通じているユーザーのほとんどの人が安全に保護されている間は、どの機能が保護してくれているかなど練り上げることはありません。

 

Webサイトは今日もっとも危険な感染ベクタです。

 

典型的なウィルス感染経路としては、ともかくSEOポイズニングが一番に挙げられます。

 

この脅威に対抗するためにAMTSOでは、マルウエアにリンクしているURLを用意して一般ユーザーに成り済ましてそのURLをブラウザで閲覧します。

 

そうしてどのようなことが起きるのかをチェックしています。

 

AMTSOではこのようなテストを繰り返しています。

 

そうしてテストの際に公衆に危険が負けるように配慮して、インフラを整備した環境の元で行っています。

 

このような活動がいつか身を結び多くのWebユーザーを支えることになると思います。

関連ページ

SEOとは
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
個人でできるSEO対策、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。