SEOポイズニング

SEOポイズニング

SEOポイズニング
「マルウエア」という悪意のこもったソフトウエアを意味する言葉があります。

 

事例を引き上げると、スパイウエアやコンピュータウィルス、ワームなどのことです。

 

自己増殖するウィルスもあります。

 

これらのソフトウエアにおいて、セキュリティ分野における定義は複雑になっています。

 

近年は新種のタイプも続々と現れているため悪意のあるソフト全般をさしてマルウエアと言っています。

 

 

SEOポイズニングとは、GoogleあるいはYahoo!などを始めとした検索エンジンとしてマルウエアサイトにユーザーを誘導します。

 

これは検索エンジンで特定の単語、キーワードについて検索してきたユーザーを誘導して出向くという手口です。

 

 

自分のホームページサイトを検索結果の表示において上位表示させるためにSEOを通してバランスする必要があります。

 

但しこのSEOを逆手に取り去る悪意のある犯罪者が横行しているのです。

 

悪意を持ってマルウエアを仕込み、その悪質なWebサイトを上位表示させることで多くのユーザーにサイトを開かせて誘導決めるというものです。

 

サイトにアクセスすると、プライバシーを収集するためのスパイウエアが自動的にダウンロードされてしまったり、トロイ木馬と呼ばれるパソコンを不正に操作出来るウィルスに感染させたりします。

 

感染被害は多くなっていますが、攻撃の内容は多くのものが知られているため、ウィルス対策ソフトを使うなどしてセキュリティ対策をちゃんと行っていれば防ぐことができます。

 

 

 

SEOポイズニング2

 

コンピュータウィルスなどを含んでいる悪質で有害なWebサイトが検索エンジンの結果ページ上位にリスト受けることが問題となっています。

 

人気の高くなっている検索キーワードに目をつけて悪質サイトが検索エンジンのバランスつまりSEOを行うことで検索の結果を汚染してしまう。

 

検索エンジンを使うユーザーは悪質サイトには何一つ関係のない一般的な言葉をキーワードとして検索エンジンに入力します。

 

するとSEOで上位表示されたところに通常のサイトと共に悪質のサイトが並んで表示されてしまう。

 

一般ユーザーがこれを見た目で一般サイトか悪質サイトか判断することは不可能です。

 

悪質サイトを選んでしまって、一向に知らずにそのサイトをめぐって仕舞うことで、そのサイトの中に仕込まれていた悪意あるソフトウエアを起動させてしまいます。

 

それによってウィルス感染してしまったりプライバシーに関するプライバシーを盗み取られてしまったり、パソコン内のローカルファイルが破壊されたりする被害を受けてしまう。

 

 

検索エンジン側としてもセキュリティについて考えて対策をとっています。

 

Webサイトから情報を揃えるときにマルウエアが含まれているサイト化どうかをチェックしています。

 

また悪質なサイトを見つけた場合には検索結果に表示されないようにブラックリストに登録したりするなどのセキュリティ対策を通じています。

 

しかしながら、悪質サイトを作っている側も、スクリプト検知されないように隠し方を巧妙化させたり、1つのサイトが閉鎖されてもアッという間に別のサービスを利用して復活させたりして対抗策を考えてきます。

 

そのためいたちごっこ状態になってしまっていて、何となくSEOポイズニング対策が追い付いていないというのが実情です。

関連ページ

SEOとは
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
大切な要素
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
SEOポイズニング、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。