大切な要素

大切な要素

大切な要素
SEOを行う上で大切な要素が6個あると思います。

 

ひとつ目は「被リンク」です。

 

被リンクの数やその質によって判断されます。

 

当然良質なサイトの被リンクが望ましいので、悪質なサイトなどをリンクしないようにセキュリティに気をつけなければなりません。

 

 

2つ目は「インデックス」です。

 

検索エンジンの中に登録されているページの数によって判断されます。

 

インデックスは本でいうところのページと同じです。

 

ページ数が少ないものよりもページ数が多いホームページの方がいいのです。

 

 

3つ目は「キーワード」です。

 

キーワードが何回出現するのか、どこに出現するのかその位置も関係しています。

 

この出現の頻度と位置はSEOにおいて本当に大切なポイントとなります。

 

 

4つ目は「HTMLコーディング」です。

 

HTMLタグが規則正しく記述されていることが必要です。

 

サイトを構成しているHTMLタグはかなり50種類以上も存在しています。

 

それぞれの意味を理解して正しく取り扱うことで検索エンジンに効果的に登録することができます。

 

 

5つ目は「更新頻度」です。

 

ホームページをどれくらいの周期でメンテナンスしているのか、情報の新鮮味を検索エンジンはとても重要視します。

 

毎日更新が望ましいです。

 

 

6つ目は「ドメイン年齢」です。

 

ドメインを開設してから現在どれくらいの日数が経っているのかも関係します。

 

このドメイン年齢について検索エンジンでは「実績」として考えています。

 

セキュリティの甘い危険なサイトの場合は、アッという間に閉鎖してしまい長く積み重ねることはできません。

 

長く続けていることそれだけでも十分信頼に値するのです。

 

 

 

被リンク

 

数あるSEOの中それでも「被リンク」が一番の効果を発揮します。

 

この被リンクが表示順位を左右するのです。

 

これはGoogleやYahoo!などの大手検索エンジンサイトが持っている方針に関係しています。

 

それはたくさんリンクが貼られるサイトというのは、価値があるサイトということであるという考えにおいています。

 

 

たとえば他のサイトからリンクされていればSEO効果は大きいと考えます。

 

また人気のあるホームページからリンクされていればグングンそのSEO効果は高くなります。

 

他にもおんなじテーマのホームページからリンクされている場合も効果は得られます。

 

ナチュラルリンクやテキストリンクについてもSEO効果は高いです。

 

これらのリンクは長期間されている方が勿論効果は高くなります。

 

 

リンクは内部リンクよりも外部リンクの方を重視します。

 

外部ということはそんなにセキュリティにも配慮しなければなりません。

 

多くのリンクが貼られたホームページは、価値があるという考えがあるからです。

 

そうしてもうひとつ外部リンクの場合は、誰か他の人がリンクを貼らないとできないリンクだからこそ重要視されるのです。

 

 

どっちみちリンクをくっつけるのならば人気のあるホームページからリンクを貼った方が評価は高くなります。

 

人気の乏しいホームページのリンクはなんにも無意味というわけではありませんが人気の乏しいものよりある方が効果的です。

 

但しこのようなリンクによって悪質なスパム行為などを立ち向かう組織があります。

 

セキュリティに十分配慮して、リンクをくっつけるページも慎重に選ぶ必要があります。

 

 

 

インデックス

 

SEOの2つ目のポイント「インデックス」について説明します。

 

検索エンジンに登録しているページ数のことをインデックスと言います。

 

本に例えるとインデックスが少ないということはページ数が少ないのでない本ということになり、インデックスが多いということはページ数が多いので太い本ということになります。

 

太い方が内容は深いと判断され易いです。

 

SEOについても同じです。

 

安いより多い方が評価は高くなるのです。

 

 

具体的にいうと、最低30ページ以上のインデックスを調べるように限るです。

 

その際1ページにつき1テーマにすると読みやすくていいです。

 

ターゲットのキーワードは検索してもらい易くなるように全ページに混ぜるようにしてください。

 

ページ内容が薄くなってしまうとインデックスされないので注意してください。

 

 

もし乏しいページでホームページを開設したとしても、その後月に1ページペースでもいいので増やしていくようにしてください。

 

そうして最終的に30ページ越えを目指します。

 

定期的にメンテナンスをかけているホームページの方が評価は高くなるので、ページ数は少しずつでも繰り返すべきです。

 

セキュリティ面から考えてもサイトを作ってそのまま放置してあるとも定期的にメンテナンスをかけていたほうが、なにかあっても感づくことができます。

 

 

1ページに1テーマも原則です。

 

1ページに複数のキーワードについて書いてしまうと見にくいですし、テーマは統一しておいた方がSEOの評価も高くなります。

 

検索エンジンはページ単位とホームページ全体で評価を通しています。

 

ターゲットのキーワードを全てのページに押し込めるのは鉄則です。

 

そうして質の高いページを探ることが大切です。

 

あんまり内容が無いとインデックスされないこともありますから、気をつけてください。

 

ただしあまりに凝ったものを創りすぎてしまうと、セキュリティの観点からスパムと判断されて検索エンジンから省かれてしまうこともありますから注意してください。

 

 

 

キーワード

 

SEOの重大要素の3つ目「キーワード」について説明します。

 

キーワードに関して大切なことは、キーワードの出現頻度とその位置です。

 

ターゲットのキーワードをネットの文章に取り込むことになります。

 

このとき出現の頻度は多すぎず少なすぎない普通出現頻度が望ましいのです。

 

セキュリティ面から考えても必要以上に多すぎるものはよくありません。

 

またキーワードの出現する位置にも注意しなければなりません。

 

 

具体的にいうとキーワードの出現させる頻度は7%以下がかわいらしく、すべての出現キーワードの5位以内にします。

 

出現位置に関しては、ホームページの前部と段落の前部あるいは後部に出現するようにするとSEOに効果的です。

 

無論ページタイトルにも混ぜるようにしてください。

 

 

ターゲットのキーワードは、そのキーワードに関しての文章を書いていけば自然と出現すると思います。

 

でも問題はありませんが少なすぎたり、他のキーワードがたくさん出現したりしてしまうとターゲットのキーワードが目だったなくなってしまいます。

 

すると上位表示の邪魔をしてしまいますし、セキュリティ面でもよくありません。

 

ターゲットのキーワードはページの前部に出現させて、見出しタグや段落などの最初に出現させるようにしてください。

 

コツとしては、日本語式に結論を最後に書くのではなく、英語のように結論を先に書く文法を意識して文を書くようにするといいです。

 

それがSEOに効果的文章を書くためのポイントです。

関連ページ

SEOとは
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
大切な要素、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。