SEOとは

SEOとは

SEOとは
ホームページを作成するときなどとにかく目にする単語が「SEO」です。

 

SEOとは何の略でどのような意味があるのでしょうか。

 

SEOの略称を説明しますと、「Search Engine Optimize」となります。

 

日本語に直訳すると、「検索エンジンのノーマライズ」といった意味になります。

 

 

検索(サーチ)エンジンと言えば、Yahoo!やGoogleなどが有名です。

 

検索エンジンの中でいかにして効率よく収集されるように行うか、その手法のことを指しています。

 

簡単にいうとYahoo!などで何か検索をかけたときに、どのようにすれば検索結果において上位表示されるかということです。

 

上位に表示された方が多くの人に見てもらえるからです。

 

 

最近では作成したホームページにSEOをしますという業者も出てきました。

 

個人が作成したホームページでも、SEOを施して検索エンジンで上位表示させますというものです。

 

個人でSEOやホームページのセキュリティ対策を行うには限界があると考える人の場合、うまく業者を利用するといいと思います。

 

 

ただし検索結果を上位表示することだけがくれぐれもSEOではありません。

 

本当のSEOは、多角的にありとあらゆる方向から取り組んでいく手法があります。

 

SEOいくつもの方法があり、いくつもの効果が表れます。

 

検索エンジンは日々進化しています。

 

終わりはなく絶えず目新しいSEO、安全のためのセキュリティ対策を行う必要があります。

 

 

 

SEO対策の必要性

 

SEOが必要であると考えられるいくつかのケースを見ていきます。

 

それではサイトへの訪問者を増やしたいという場合はもちろんSEOをした方がいいと思います。

 

次にWebサイトを使って商品の販売をしたいという場合です。

 

この場合はSEOを通じて上位表示できた方が、商品の売れ行きもよくなると思いますから案の定した方がいいでしょう。

 

現在サイトの宣伝を広告を使ってしている人が、費用を抑えたいと考える場合にもSEOがお役に立つと思います。

 

最後に企業の場合、会社の知名度を吊り上げるために名前をみんなに知って下さい場合などにも、SEOによって検索エンジンで上位表示させることは大変有効な手段であると言えます。

 

 

インターネットを見ているユーザーのほとんどが、検索結果の2ページ目くらいまでしか見ないそうです。

 

検索結果の上位に表示されなければ、そのサイトが存在していないのもおんなじことになってしまう。

 

うまくSEOを使って多くの訪問者をサイトに引き込むことで、商機が現れるのです。

 

しかし気をつけなければならないのは、訪ねるのはお客さんだけとは限りません。

 

悪質な業者にも目を擦り込みられ易く罹るということです。

 

悪質な業者は人気のサイトなどに目をつけて、そこへ勝手にリンクを貼りアクセスしてきたユーザーにスパムメールを送り付けるなどの迷惑行為を行います。

 

そうされないためにも、セキュリティ対策が大切になってくる。

 

SEOと共にサイトのセキュリティ対策もきちんと行うことが、安心してみんなにサイトを訪れて買うために必要なことなのです。

 

 

 

歴史

 

SEOの始まりは1990年代の半ばとしています。

 

初期のWeb登録が始まったころに検索エンジンが一気に開始され、多くのサイト所有者が検索エンジンによって自分のサイトへのアクセス数が増えたことにより検索結果を評価し始めたのです。

 

サイトの所有者は所定の方式によって、検索エンジン会社のデータベースに自分のサイトのURLを定期的に送信して評価方式によって親和性の高いサイトを目指し示しました。

 

検索エンジンの表示で高順位になるためにメタやタグなどの特殊な特徴がサイトの共通事項となりました。

 

 

このようなサイト所有者の要望に応ずるため、ひいてはサイトのセキュリティ対策も立ち向かうためSEO会社も数多く設立されました。

 

これによって検索エンジンの携帯しているアルゴリズムが分析されるようになってきました。

 

SEOの定義としては、検索エンジンの表示画面で高順位を獲得するための方法、それともはや一部そのサイトのコンテンツに関心があるユーザーを効果的に集約するための営みとしています。

 

 

日本においては2002年ごろから検索エンジンをバランスするSEO会社が目立ち始めました。

 

近年まずは、SEOなしでは検索エンジンにおいて上位表示されることが難しくなっています。

 

 

但しこのような産業が発展してくるとそれを悪用する人も出てきます。

 

スパム行為などについても、SEO会社は各種セキュリティ対策を施してきました。

 

但しどうしてもこのような雑音が根絶されることはありません。

 

 

 

SEO事情

 

日本においてSEOというものがWebマスターたちの間で認知されてきたのが2003年ごろ、それからわずか数年でSEOの環境は大きく変化しています。

 

ほんの1年前までSEOに有効だった手法は今でももう効果がないものになっていることはよくあることです。

 

それどころかセキュリティをきちんと行っていないとペナルティの対象となる危険性もあります。

 

終始最新の情報をわかること、そしてセキュリティ対策をきちんと行うことをしなければ検索エンジンにおいて上位表示をすることは困難ですし危険です。

 

 

近年のSEO関連の大きな動きをいくつか見てみます。

 

検索エンジン大手のGoogleが導入したのがパーソナライズド検索です。

 

これはユーザーが訪問したサイトや検索した履歴を記録して、ユーザーが必要とするサイトを判断して検索順位を決めるというものです。

 

これによって使用しているユーザーによって検索順位の表示が違っていることがあるのです。

 

 

Googleがアルゴリズムを導入したことでサイトの表示される速さが検索順位にも反映されるようになりました。

 

またGoogle、Yahoo!、マイクロソフトはURLノーマライズタグというURLについてのインデックス問題の解決に役立つタグを採用しました。

 

二度とGoogleではリアルタイム検索が導入されたので、ニュースやTwitter、ブログなどの更新をリアルタイムに検索結果に反映させることができるようになりました。

 

たった数秒前の情報を知ることができるようになったのです。

関連ページ

大切な要素
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEOポイズニング
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人でできるSEO対策
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ソフトの押し売り
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
カテゴリー登録
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
偽セキュリティソフト
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
企業に求められるもの
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SEO業者を選ぶポイント
SEOとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。