ビジネスセキュリティ

ビジネスセキュリティ

ビジネスセキュリティ
ウィルスバスターの「業務セキュリティサービス」はSaaS型の中小企業に向けたセキュリティです。

 

IT管理者に手間をかけることのないように管理サーバーは導入しません。

 

個人向けの商品と同じくらいの手軽な運用と導入の良さがあり、再度最新のクラウド技術によってパソコン負担を軽減して防御力最良を実現しています。

 

管理者の負担を軽減できることも大きな魅力です。

 

 

ウィルスバスターの業務セキュリティサービスそれでは、管理サーバー自体がクラウド上にあるのでサーバー管理する手間もいりません。

 

クラウド上の脅威データベースはトレンドマイクロ社によってある程度最新のものに保たれているために最新の防御をいつでもすることができます。

 

またクラウド上にあるためにパターン配信の際に要るネットワークやメモリーへの負荷を長期的に軽減できるという利点があります。

 

 

このウィルスバスターは自社評価だけではなく、第三者機関の評価も高くなっています。

 

法人向けのエンドポイントセキュリティの商品を比較した際に、ウィルスバスターは二期連続で防御力最良を獲得したのです。

 

何よりも管理者の負担を軽減していることが一番の魅力と言えると思います。

 

SaaS型なのでサーバーの管理が不要なこと。

 

そうしてライセンス管理も一元化できること。

 

脅威を発見しやすいようにブラウザベースで統一を通じていることが管理業務を切り捨ています。

 

中小企業のお客様向けのソリューションです。

 

 

 

大企業向け

 

大企業に向けたエンドポイントセキュリティ製品はウィルスバスターの「コーポレートエディション」がお奨めです。

 

Windowsクライアント用にウィルス対策やスパイウェア対策を一元して集中管理することができます。

 

 

ウィルスバスターのコーポレートエディションは防御力最高峰クラウド型のセキュリティソリューションです。

 

スマートスキャン方式によってメモリーやCPUの使用量を減らしてシステムへの負荷を軽減しています。

 

搭載しているスマートスキャンでは、ウィルスのパターンファイルをクライアントの全パソコンに送信するのではなくて、使用頻度が酷いものはサーバー側に保持しておきます。

 

そうして不正なファイルを見つけた場合にはクラウド上のサーバーに問い合わせをしてチェックするという新しい形を採用しています。

 

従来のウィルスバスターでは、パターンファイルがユーザーのパソコンに定期的に配信されてきてそれによってパソコンに負荷がかかりパソコンの動作を遅くしていました。

 

この問題を解決したのがスマートスキャン方式なのです。

 

スマートスキャン方式に対応しているパソコンならば、絶えず最新のセキュリティレベルを保つことができます。

 

パターンファイルのサイズを削減出来るために、CPUやネットワークへの負担を大幅に減らしてもらえる。

 

 

また大企業における大規模環境にも対応出来るように、管理サーバー1台に対しての管理パソコンの台数を従来のものより4倍以上も増やして管理サーバーを削減することができました。

 

サーバー代や電気代、サポート費用を削減することができ、管理者の負担も軽減することができました。

 

複数の支店や子会社などがある場合、分散しているセキュリティ環境を統制することで、同一のセキュリティ環境を保つことができます。

 

他にも仮想デスクトップ環境に対応しているので、負荷を軽減すると共に集約率をアップさせることができます。

 

これによってウィルススキャンにかかる時間も短縮できます。

 

 

 

製品概要

 

ウィルスバスター全般についての製品概要をまとめます。

 

ウィルスバスターは2009年に日本国内のセキュリティソフト売上ランキングで最優秀賞を獲りました。

 

この賞を主催したBCNの調査によるとPOSの実売統計調査において、ウィルスバスターの販売台数がトップだったそうです。

 

調査はパソコンショップや家電量販店を対象として行ったそうです。

 

 

ウィルスバスターは1991年に最初のバージョンが発売されてその後毎年のようにバージョンアップされて発売されています。

 

製品名に年号が混じるようになったのは1995年発売の「ウィルスバスター95」からです。

 

発売当初はウィルス対策ソフトでしたが、ウィルスバスター2004以降はセキュリティソフトとして様々な機能を記しました。

 

 

ウィルスバスターの販売形態はソフトウェアとダウンロード販売です。

 

2007年以降に発売された家庭向けのウィルスバスターでは1つのシリアル番号につき、同一家庭内にあるパソコンであれば3台まで使用できるようになりました。

 

それに伴って2007年以降契約料金が引き取りられました。

 

1年契約の場合で年会費が3,150円だったものが4,725円となりました。

 

そうしてこの年会費を一概に払い続けていれば、毎年発売される最新版のウィルスバスターを無料でダウンロードしてバージョンアップできることにしました。

 

法人は、2008年以降に1つのシリアル番号で3台まで払えるようになりました。

関連ページ

ウィルスバスターとは
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルスバスターアイテム
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルス対策ソフトの選び方
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルスバスターの仕組み
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルスバスターの機能
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
オンラインスキャン
ビジネスセキュリティ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。