ウィルスバスターアイテム

ウィルスバスターアイテム

ウィルスバスターアイテム
簡単に言ってしまうとウィルスバスターはパソコンをウィルスから続けるソフトです。

 

このウィルスバスターの関連アイテムを紹介します。

 

 

ウィルスバスターには1年版の製品と3年版の製品があります。

 

たとえば2010年度の1年版製品を見てみると、1つのソフトで3台のパソコンにインストールすることができます。

 

WindowsにもMacにも対応しています。

 

どちらに使っても組み合わせは自由で3台まで扱うことができます。

 

しかしこれは1台のパソコンに1つのOSが入っている場合です。

 

2010年度版の新機能として「スマートプロテクションネットワーク」を採用しています。

 

Windows7にも対応していて、他にXPやVistaにも対応しています。

 

Macの場合はOS X 10.4、10.5に対応しています。

 

販売製造会社はトレンドマイクロ社です。

 

インストールの際にはHDDにWindowsで500MB以上、Macで450MB以上の空き容量が必要です。

 

2010年度のウィルスバスター1年版を購入すると無償で2011年度版にバージョンアップすることができます。

 

バージョンアップはトレンドマイクロ社のホームページからソフトをダウンロードして操作します。

 

 

他にも今流行りのクラウドコンピューティングに対応したウィルスバスターがあります。

 

こちらは「ウィルスバスター2011クラウド1年版」です。

 

インターネットによってネットワーク上にあるソフトやハードを利用するクラウドサービス。

 

従来のウィルスバスターでは、ハードディスクの空き容量が約500MBほど必要でした。

 

ただしこのクラウドを利用することで、パソコンに負荷をかけること無く8割型をクラウド上に保管することができパソコンの負担を大幅に軽減することができます。

 

クラウドタイプそれでアップデートも減って管理が楽になります。

 

 

 

ウィルス対策

 

パソコンを使うにあたって、パソコンのセキュリティ対策はとても大切なことです。

 

セキュリティ対策にはいくつかありますが、ここではウィルス対策について説明します。

 

 

そもそもウィルスとはどういったものでいかなる悪影響を及ぼすのでしょうか。

 

コンピュータに侵入するウィルスはインターネットにある特定のホームページを見たり、送られてきたメイルを閲覧したりすることによって感染するものです。

 

1台のパソコンに侵入したら次から次へと他にも感染が拡大するように作られているのが一般的です。

 

 

ウィルスがパソコンに侵入すると何が現れるかというと、ウィルスによってはパソコン内に保存してあるファイルを勝手に消去してしまったり、コンピュータ自体を壊して起動できなくしてしまったりすることがあります。

 

他にもプライバシーである大切なパスワードを外部に送信して仕舞う危険なウィルスもあります。

 

 

このようなウィルスの被害に合わないためにウィルス対策は欠かせないことなのです。

 

ウィルス感染を防ぐために活躍するのがウィルスバスターもののウィルス対策ソフトです。

 

ウィルス感染を防ぐには一段と検出率の良い際立つウィルスソフトを使うことが大切です。

 

ウィルス対策ソフトは各社から発売されていて色んな種類がありますが、ウィルスバスターは人気ランキングで1位や2位に長年耀き積み重ねる人気ソフトです。

 

ウィルス対策ソフトは一旦パソコンにインストールしたらおわりではありません。

 

終始最新のデータを更新して置き、終始今は存在していなくても今後起きると思われるウィルスを予測していなければなりません。

 

このように既存のウィルスを検知することは勿論のこと、未知のウィルスについても検知できるソフトが際立つウィルス対策ソフトであると言えます。

 

こういう面からもウィルスバスターが人気のソフトである理由がわかると思います。

 

 

 

スパイウェア対策

 

最近のウィルスバスターではウィルス対策だけではなく、様々なセキュリティ対策にも対応しています。

 

その中の一つが「スパイウェア対策」です。

 

スパイウェアとは、ウィルスとは違ってそのパソコンに感染しても、他のパソコンに感染が広がることはありません。

 

スパイウェアの場合、ソフトをインストールするときに一気にインストールされていることが多いのでどうもその存在に利用者が気付きにくいです。

 

 

スパイウェアがコンピュータ内に侵入するとどのような影響があるのでしょうか。

 

スパイウェアとはその名の通り「スパイ」なので、パソコン内にある情報を勝手に引き出し第三者に送信してプライバシーなど大切な情報を知らせてしまいます。

 

最近ではインターネットを使って買いものをする人やウェブに銀行口座を持っている人も多いので、これらのカード情報や口座番号など大切なプライバシーが外部に漏れてしまう危険性があります。

 

 

それではこのスパイウェアにやられないためにはどのような対策をとったらいいのでしょうか。

 

その対策の1つの手段としてウィルスバスターがあるのです。

 

ウィルスバスターではスパイウェア機能が付いているので、スパイウェアの侵入を防ぐことができます。

 

一番いいのはアンチウィルスのソフトにプラススパイウェア対策の機能が付いていることそれで、これらを総合的に対応しているセキュリティソフトによって対応するのがお奨めです。

 

パソコン内のプライバシーを盗まれないようにそれでは事前にセキュリティ対策をしっかりと行ってください。

 

 

 

フィッシング対策

 

インターネットが大きく利用されるようになって、インターネットによる犯罪も数多く存在するようになってきました。

 

そこで活躍するのがウィルスバスターなどのセキュリティソフトです。

 

セキュリティだけではなくウィルス対策にも対応しているウィルスバスターが人気商品となっているのは大きい対応力にあります。

 

その中のひとつが「フィッシング対策」です。

 

 

近年、インターネットにて悪意をもちましてプライバシーを盗み出すという犯罪が起こっています。

 

悪意を有する第三者が金融機関を装ってメールやWEBなどで、個人のクレジットカード番号やIDやパスワードなどの情報を盗み出すのです。

 

これを「フィッシング」と言います。

 

フィッシングによってプライバシーが盗まれてしまうと、その第三者によって銀行口座から預金を勝手に引き出されたり、クレジットカードを勝手に利用されて身に覚えのない請求がきたり、架空請求されたりと相当な被害を受けることになります。

 

他にもクレジットカードの持ち主本人に成りすまして、ネット上でスキ放題買いものをするなど成りすまし行為も問題となっています。

 

 

このようなフィッシングに合わないための対策として出来ることは、アンチウィルスソフトとスパイウェア対策の両方の機能がついているセキュリティソフトをパソコンにインストールしておくことです。

 

こうすることで不審者によるコンピュータ内への侵入を防ぎ、大切なプライバシーが無くなるのを防ぐことができます。

 

このセキュリティソフトの中で人気なのがウィルスバスターというわけです。

 

 

 

不正アクセス対策

 

パソコンを扱う上でセキュリティ対策は欠かせないものです。

 

インターネットにアクセスすることで様々な危険があるからです。

 

たとえばインターネット上で他人のコンピュータに勝手に侵入して情報を盗み見する「不正アクセス」などの被害も多くなっています。

 

ウィルスバスターをインストールするなどして、きちんとしたセキュリティ対策を通じていないと他人から簡単にパソコンの中身を見られてしまう。

 

 

不正アクセスによって、他人に自分のコンピュータ内に侵入患うと大切なデータを破壊されたり、プライバシーを漏えいされたり、データの改ざんをされたりする見込みがあります。

 

さらに悪いものになると、あなたのコンピュータに侵入したときに勝手に中身を操作して、あなたのコンピュータを踏み台として他のコンピュータにさらに不正アクセスをします。

 

そうして他のコンピュータから情報を引き出したり、データを改ざんしたりして悪さをします。

 

但しその悪さをしたのは、あなたのパソコンを通じて行っているので、あなたが犯人ということになってしまいます。

 

現に不正アクセスを日常的をめぐっている人たちは、自分が犯人だとばれないように常に他人のパソコンを通じて不正アクセスを通じています。

 

 

このように不正アクセスされないためには、アンチウィルスソフトとファイアウォールの機能がある総合的なセキュリティソフトを使う必要があります。

 

お進めのセキュリティソフトとしては、ウィルスバスターの他にも、「ノートン」や「マカフィー」、「ESET Smart Security」などがあります。

 

 

 

迷惑メール対策

 

パソコンや携帯電話の普及によって多くの人がメールを扱うようになりました。

 

それに伴って見ず知らずの人から勝手に来る「迷惑メール」が社会的な問題となっています。

 

迷惑メールとは利用者の同意もないのに一方的に送りつけてくる宣伝目的の広告メールです。

 

プロバイダーや携帯電話各社では様々な迷惑メール対策を通じています。

 

 

多いときで迷惑メールが1日に何百と近付く人もいます。

 

迷惑メールが大量に届いてしまうと、それを見てさばく時間もかかりますし、ちゃんと見たい必要なメールを取り逃がすことにもなります。

 

フィルタ機能を通じてもその精度が低い場合、大切なメールがごみ箱に振り分けられて仕舞うこともあります。

 

 

このような迷惑メール対策にもウィルスバスターというウィルス対策と迷惑メールフィルタ機能が付いている総合的なセキュリティソフトが役に立ちます。

 

プロバイダーや携帯電話会社が行っている迷惑メール対策だけではなく、一層セキュリティソフトを活用することでグングンしっかりとした迷惑メール対策を行うことができます。

 

お進めのセキュリティソフトとしてはウィルスバスターの他にも「ESET Smart Security」や「ノートン」や「ゼロ」、「カスペルスキー」などがあります。

 

ただし販売されているセキュリティソフトの中には、このような迷惑メールに関してのフィルタ精度が少ないものもありますから注意して、購入する前に慎重に選ぶようにください。

関連ページ

ウィルスバスターとは
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルス対策ソフトの選び方
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルスバスターの仕組み
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ビジネスセキュリティ
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ウィルスバスターの機能
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
オンラインスキャン
ウィルスバスターアイテム、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。