ページの作り方を学ぼう

ページの作り方を学ぼう

ページの作り方を学ぼう
基本的には、トップページも他のページも、作り方は同じです。

 

ホームページ作成ソフトを使用する場合は、とにかく苦もなく焼けるでしょう。

 

 

HomepageManagerを使う場合は、テキストエディタでの編集と、ホームページに直接書けるような編集と、両方を一気に行えます。

 

初心者の方であれば、後者の方がはるかにわかりやすいでしょう。

 

テキストエディタの方は、HTML文章の構成を憶えながらでないと編集できませんが、後者の場合は感覚的に作成できます。

 

このような、サイトに打ち込むような形での編集は、各ホームページ作成ソフトも実践可能それで、どのホームページ作成ソフトを選んでも、ある程度のモノは初心者けれども焼き上げるようになっています。

 

 

では、トップページを作ってみましょう。

 

ほとんど、看板となるタイトルですが、画像を貼り付けても良いですし、文字として書いても良いです。

 

画像を付ける場合は、上部のカーソルを合わせると「画像を挿入」と掛かるアイコンを、挿入したい場所にサイトのカーソルを合わせた状態でクリックします。

 

なので、「画像ファイルのURL」という欄にて、パソコン内にある画像ファイルを選択し、サイズを調整して「OK」を押せば、画像が挿入されます。

 

文字でタイトルを書く場合は、大きさを変えたり、色を変えたり、フォントを変えたりして、他の文字と違うように見せる工夫をすると良いでしょう。

 

 

後は、各コンテンツへの目次となる部分を作っていきます。

 

これも、表にするとか、羅列するとか、いろいろ試してみましょう。

 

 

 

トップページから各ページへリンクを貼ろう

 

トップページの構成としては、各コンテンツの目次の他に、更新履歴も用意しておくと良いでしょう。

 

更新履歴は、ホームページ作成を行った後、そのホームページを更新した日時と更新内容を訪問者に知ってもらうためのものです。

 

それを確かめることで、リピーターは以前来た時と何が違うのかということを分かり、そのコンテンツへ足を運ぶ、という流れができます。

 

更新履歴がないホームページは、どこを更新したのかわからないため、リピーターが出来上がり辛くなるのです。

 

とにかく作っておきましょう。

 

 

更新履歴は、単純に更新した内容等を打ち込むだけでも良いですが、インラインフレームを利用するとより有効です。

 

その枠内での上下移動ができるので、更新内容が多くなって縦に長く生じることになった場合に、構成を変えなくてすみます。

 

 

ホームページ作成を行う上で、トップページにはバナーなどを置いておくと良いですね。

 

バナーというのは、アイコンの一種で、旗というものです。

 

自分のサイトを表す印と言っても良いでしょう。

 

88×31や200×40のサイズの画像ファイル内に、サイト名を記入したり、なんらかのデザインを施したりして作成します。

 

ペイント等のモザイクソフトで簡単に作れますが、厳しい場合はバナーを作ってくれるサイトもあるので、そこに依頼しても良いでしょう。

 

 

コンテンツの目次は、表にすると見やすいですね。

 

そうして、各コンテンツ名をその表に入れ、リンクを貼ります。

 

このリンクを付ける作業が重要です。

 

 

 

掲示板やチャット、アクセス解析等を設置してみよう

 

掲示板、チャット等といったコミュニティツールは、近年需要が減少傾向にあります。

 

これは、コミュニティの場が個人のホームページの掲示板から、巨大掲示板やmixiなどのソーシャル・ネットワーキングサービス、あるいはツイッターなどに移ったからです。

 

とはいえ、個人のホームページで交友を企てるというのは、無論廃れることはありません。

 

掲示板があることで、そのサイトの活性化に繋がることは十分考えられます。

 

 

掲示板やチャットの設置にはCGIを用います。

 

ただ、自分でプログラムを組み立てて…という方法は、初心者はおろか、ある程度の熟練者けれども容易ではありませんので、別の方法を用いましょう。

 

 

通常、掲示板などを設置する場合は、無料レンタルCGIサービスを利用します。

 

サーバー同様、CGIによるツールも貸し出しを通じている所がたくさんあり、その大半が無料です。

 

そのため、わざと無料という点を重視して探さなくても、簡単に探せるでしょう。

 

 

掲示板やチャットの無料レンタルの手順は非常に簡単で、手順どおりに申込みを行った後に、HTMLタグというものが表示されるので、それを猿真似するだけです。

 

しかし、ここで注意するのが、テキストエディタへの貼り付けを行うと言う点です。

 

ホームページ作成ソフトを通じていると、テキストエディタとソフト内ツールによる直接的な編集との2通りでホームページ作成を行えます。

 

この場合、後者の方で貼り付けを通じても無駄。

 

テキストエディタで、指定された領域のどこかに貼り付けておきましょう。

 

 

カウンター、アクセス解析も、同じ方法で無料提供を受けられます。

 

自分のサイトにどれだけの人が訪れているのか、どういった所から訪れているのかなどを引っかかる人にはおすすめです。

 

 

 

メールアドレスを記載する場合

 

現にホームページの形ができてきたら、今度は連絡手段としてメールアドレスをサイト内に掲載することになります。

 

ホームページのハウスキーパーである以上、携帯を記載しないというのは、ちょいうら淋しいですよね。

 

勿論、一方的に情報を配信するだけでもホームページは成り立ちます。

 

ただ、皆は自分が作ったホームページに対してのリアクションが欲しいと考えるでしょう。

 

更新すれば、その感想を引っかかるというでしょうし、おんなじ趣味の人が訪れてくれたなら、交流したいと思う人が多いはずです。

 

ホームページ作成には、そういった意図を含んでいるケースが多数あるものです。

 

そうしたことから、メールアドレスはできれば掲載したほうが良いでしょう。

 

 

ただし、ここで重要となって現れるのが、現にメールアドレス掲載することによる弊害です。

 

たとえば、メールアドレスをトップページに掲載するとします。

 

そうすると、悪戯で悪質なメール文章を送ってくる人がいるのではないか…と懸念する人も多いでしょう。

 

ですが、実際にはそんなメールがとどくケースは、個人サイトではそれほどありません。

 

その点は問題ないでしょう。

 

 

問題なのは、スパムなどの迷惑メールです。

 

携帯電話に迷惑メールが来る感じように、ホームページ作成をやり、アドレスを掲載すると、定期的に迷惑メールが送られてきます。

 

従って、本アドレスを掲載するのは控えたほうが良いでしょう。

 

できればフリーアドレスをひとつ以上登録して、それを使用することをお薦めします。

関連ページ

ホームページとブログやツイッターの違いとは
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページ作成ソフト
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページ作成に必要な知識
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページ作成の言語
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
画像を掲載するには
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人のホームページ作成
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
収入を得られるホームページ作成
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
実際にホームページを作ってみよう
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページのアップロード
ページの作り方を学ぼう、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。