ホームページ作成に必要な知識

ホームページ作成に必要な知識

ホームページ作成に必要な知識
できるだけ簡単に、そして短時間でホームページを作りたいという人は、自動的に全部できるようなソフトやツールを見い出すことでしょう。

 

実に、近年のホームページ作成ソフトやツールの多くは、こういう人向けに、非常にシンプルな操作で、専門知識を要せずにホームページを作れるようなものになっています。

 

ですから、ホームページ作成をするにあたって、特別な知識はきちんと必要なくなってきました。

 

 

ですが、それらの知識が断じて無用、無駄になった、ということはありません。

 

依然、そういったことを知っているほうが、始終ホームページ作成には有利だったりします。

 

よりのことができるし、グングン豊かなホームページを探ることに繋がるのです。

 

 

もっぱらホームページを持つだけなら、専用のソフトやツールを使えば簡単に作成ができます。

 

ですが、それらのホームページの壁紙の色を変えたり、アイコンを増したり、ページ数を足したり、リンクを貼ったりなど、増築させて行くためには、一定の知識は携帯していた方が良いでしょう。

 

とはいえ、アッという間に得る必要はありません。

 

ほとんど、取り敢えずホームページを作ってみて、その後に、なおさらアレを増したい、コレを増やしたいなどという欲求が出てきたまま、少しずつ覚えていけば良いのです。

 

 

ホームページを考える上で、知っておいて損のない知識は数多くあります。

 

その中けれども、殊更最初に覚えておいたほうが良いのは、ウェブページを構成、構築するための技術に関してです。

 

わかり易いので、便宜上仕組みだけでも覚えておきましょう。

 

 

 

HTML

 

ウェブページはいくつかの専門的な要素が重なって、それによって構成がなされています。

 

そうして、その中それでもそれほど基礎中の基礎となるのが、HTMLです。

 

よく、ホームページアドレスの最後に、「.html」という文字が付いているのを見ることがあるかと思います。

 

これが、HTMLによるウェブページです。

 

因みに、HTMLとは「Hyper Text Markup Language」の略です。

 

ホームページ作成を行う上で、このHTMLは基本中の基本となります。

 

 

HTMLというのは、要するに「ハイパーテキスト」に目印をつける文法という意味です。

 

ホームページを設けるときの一つのルール、法律として下さい。

 

尚、ハイパーテキストとは、テキストの上位版として差し支えないかと思います。

 

ハイパーリンクという言葉がありますが、それに由来しているものですね。

 

 

ハイパーリンクは、インターネット上では「リンク」と略されることが多いですが、一つの文章をクリックすると、その文章に関連する別のページ等に飛ぶ、あの「リンク」のことです。

 

ハイパーテキストというのは、このハイパーリンクの機能を有した文章のことです。

 

要するに、リンク出来る文章のことなのです。

 

そうして、そのテキストをかしこい具合に構成させるのが、HTMLというシステムなのです。

 

 

ホームページ作成を行う上で、HTMLは大抵の場合において利用されます。

 

リンクを用いるのであれば、確実にこのシステムが通じるからです。

 

ツールを使うも、ソフトを用いるも、HTMLを簡単に管理、操作することが目的となるので、知識として知っておくに越したことはないでしょう。

 

 

 

CSS(スタイルシート)

 

HTMLと密接な関係にあるのが、CSS(スタイルシート)です。

 

正確には、「Cascading Style Sheets」の略となります。

 

CSSはHTMLと同じ種類のシステムというわけではなく、HTMLの中で利用するシステムの一つということになります。

 

 

CSSは、簡単に言えば「表示指定」です。

 

壁紙はこの画像を使う、文字の色はコレに統一する、大きさはこれくらいにする等の、ホームページ全体におけるベースの部分を、このCSSで指示することになります。

 

CSSがなくても、ホームページは作れます。

 

ただ、コレがあるとホームページ内全ての構成が均一化され、とても便利です。

 

体裁を合わせるためのシステムとして良いでしょう。

 

 

基本的に、ウェブページというものは、HTMLとCSSを組み合わせて作成します。

 

従って、ホームページ作成には、この二つを覚えておく必要があるのですが、ソフトやツールを使用してホームページを仕立てる場合けれども、CSSは単独で用意しても構いませんし、このCSSを自動的に作ってもらえるソフトもあるので、それは個人個人の判断で決めて構いません。

 

酷いことを一切考えたくない、という人は、このCSSのことを考えなくてもホームページ作成はできます。

 

ただ、CSSは操作、挿入共に非常に簡単なので、覚えておいて損はないでしょう。

 

 

CSSは通常、「.css」という拡張子のファイルを用います。

 

ただ、これは別にどこからかダウンロードしなくてはならないとか、入手しなくてはいけないということはありません。

 

「.txt」という拡張子のテキストファイルを、「.css」に変更すればなのでOKです。

 

そうして、その中に、様々な指定を入れていきます。

 

文字をこの大きさに統一する、色をこうする等の指定です。

 

これらは、それぞれ基礎文法によって書いて出向く必要があります。

関連ページ

ホームページとブログやツイッターの違いとは
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページ作成ソフト
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページ作成の言語
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
画像を掲載するには
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
個人のホームページ作成
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
収入を得られるホームページ作成
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
実際にホームページを作ってみよう
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ページの作り方を学ぼう
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
ホームページのアップロード
ホームページ作成に必要な知識、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。