プロバイダと名誉毀損

プロバイダと名誉毀損

プロバイダと名誉毀損
みなさんは、ショップやレストランなどにクレームを押し付けたことがありますか?
お金を払ってサービスを受けたり、お金を払って買ったりした以上、満足目指すのが人物の気持ちです。

 

これは当たり前ですよね。

 

 

ですから、商品やサービスに、もしも、不満があった場合、本当に店舗をめぐって、話をして返金なり返品なりしてもらえれば良いのでしょう。

 

ですが、そこまでしなくても一言、言いたいという人も多いようです。

 

または、業務改善のためにアドバイス目指すとか、会社が良くなるために一言、言いたいなど、人物にはそれぞれの思いがあるでしょう。

 

 

最近では直接、クレームを言うほど勇気がなくても、自宅に帰ってから、そのショップのサイトに書き込みしたり、会社に直接クレームメールを送ったりする人も増えています。

 

最大手のサイトでしたら、お客様のご意見というメール送信フォームも用意されていますよね。

 

また、自分のブログで不満に思ったことを言って、気を晴らす人もいるでしょう。

 

 

ですが、僕らが普段、掲示板に打ち込む際、またはブログの記事をアップする際、気をつけたほうが良いのです。

 

プロバイダはあなたの情報を把握しているのですから、プロバイダからは逃げられません。

 

軽い気持ちであっても、相手の営業妨害になるようなことは掲載しない、書き込まないように目指すものです。

 

名誉毀損で訴訟になった事例もありますから、いかほど自分のサイトだからと言っても、誹謗中傷の内容は掲載しないように目指すですね。

 

人を批判する記事は読んでいるほうも不愉快気分になりますし、有難いことありませんからね。

 

会社のクレーム、誹謗中傷

 

書かれた側がプロバイダに情報開示を勧めたら、あなたの住所、名前などが相手に知られてしまいます。

 

プロバイダには、被害からの請求には、このような情報を公開する義務があるのですから、誹謗中傷はやめたほうが無難ですね。

 

侘しいことで名誉毀損と受け取られ、訴訟として面倒です。

 

 

仮に、メーカーや商品に不服がある場合は、その会社に直接メールしてクレームをつければ良いです。

 

誠意のある会社なら、しっかり対応してくれますからね。

 

私も以前、大手チェーン店にクレームメールを出したことがありますが、3件中2件は充分説明、対処してくれました。

 

これから1件は音沙汰無しです。

 

そうなると、その会社の経営方針が疑われます。

 

すでに断じてそのレストランは使いたくないと思ってしまいます。

 

人々からのクレームメールなんて、どうしてでもいいと思っている会社も残念ながらありますからね。

 

 

また、反対に自分のことを誹謗中傷された場合は、その使用しているプロバイダに対して削除要請をすることが出来ます。

 

削除してくれない場合、裁判になるケースもあるくらいです。

 

インターネットにたいして暗い方は、匿名ならは何をどこに書いてもばれないとしている人もいるようです。

 

ですが、匿名だからと言ってプライバシーが相手にわからないわけではありません。

 

プロバイダに聞けば簡単にわかって仕舞うことですからね。

 

プロバイダはサーバを運営しているだけでなく、利用者が書いた内容にもある程度、責任を欠けるといけないということですね。

関連ページ

プロバイダとは
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
光回線とプロバイダ
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SOHOとプロバイダ
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダの責任
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
2ちゃんねるとプロバイダ
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ責任法
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ料金について
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダのメールサービス
プロバイダと名誉毀損、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。