SOHOとプロバイダ

SOHOとプロバイダ

SOHOとプロバイダ
近年、各家庭でインターネットを使う人が増えてきました。

 

増えてきたというか、家でネットを使っていない人のほうが乏しいかもしれませんね。

 

最近では、学校もインターネットの授業がありますし、調べものをインターネットでする子供も増えています。

 

また、家でネットを使って仕事をするSOHO、これを行う人も増えています。

 

 

さて、みなさん、SOHOという言葉、しっかり見掛ける言葉ですが、何を略してそれほど叫ぶがご存知でしょうか?
これは、Small・Office・Home・Officeの略です。

 

日本語で言うと、悪い事務所、自宅の事務所ということになりますが、本当にその通りの意味ですね。

 

 

ネットワークが自宅で使えたのなら、出社せずに仕事をすることが出来ます。

 

正に私もやったことがありますが、その流れのひとつはこんな感じです。

 

予め、仕事の依頼ですがメールでもらいます。

 

必要な書類は添付して送られてきます。

 

そうして、自宅で作業をします。

 

また、メールで納品します。

 

これで、会社に出向かなくても家で仕事が出来るわけです。

 

この仕事のやりかたは、在宅ワークとか内職とかと同じですね。

 

ネットやパソコンを使っての内職も今、増えてきていますから、SOHOとまでは行かなくても自宅でやっている方も多いでしょう。

 

 

さて、自宅でネットを使って仕事をするには、当たり前ですが、インターネットを払える環境が必要ですよね。

 

環境が揃うにはプロバイダが必要であり、その際に、どのプロバイダを使うが重要となってきます。

 

プロバイダとSOHO作業、タイピングを在宅で

 

無論、速さや使い勝手もあるでしょうが、その前に、SOHOを通している方は、どんなことにポイントを置いたら良いのでしょうか?
それは、SOHOに合ったサービスを提供しているプロバイダを選ぶことです。

 

 

ちょい話がそれますが、SOHOの良さと言うと、なんと言っても自宅でやれることですよね。

 

会社に行く必要がなく、交通費もかかりませんし、伺う往復の時間も節約できますね。

 

また、お洋服に気を使わなくても済みますし、アフターファイブのお付き合いもありません。

 

 

また、育児などでせわしない方も家にいられるのであればとSOHOを始める人が増えています。

 

また、高齢者社会になり、介護があって外に出られない方も色々いらっしゃるようです。

 

このような方々がSOHOを通じているケースが多いので、それに役に立つプロバイダが登場するのも当然ですよね。

 

今の要望に合ったものですから当然です。

 

 

では、SOHOの仕事と言えば、たとえばどんな作業内容があるでしょうか?
時代遅れは、何かを文字にするという、タイピングの作業が主だったと思います。

 

たとえばですが、会議を録音したテープを聞きながら、その内容をタイピングして出向く仕事や、また、アドレス、名簿などを作成、打ち直して行く仕事などがありました。

 

これらは、言ってみれば、誰でも取れる単純作業だと思います。

 

パソコンの知識とタイピングする能力がある程度あれば、誰でも出来るような作業が多かったため、SOHOと言っても在宅ワークと変わらなかったのかもしれません。

 

プロバイダとSOHO。分野、能力、知識

SOHOとプロバイダ

 

一方、最近では、このような単純な仕事よりも、プロ意識とプロの知識を有する人が独立してするような仕事が増えてきました。

 

たとえば、コンピュータのプログラムや、ソフトのプログラム、ウェブサイト作成などがそうです。

 

動画編集や、画像編集など、ある程度、その方面の知識がないと出来ないような仕事ばかりですね。

 

単純作業ではなく、能力、センス、知識など、それまで培ってきたことが生かされる仕事です。

 

逆に言えば、このような分野で今まで活躍してきた方々が、自宅で開業するというケースが多いのではないでしょうか。

 

 

たとえば、すでになスキルもあるので、会社に雇われている無用として開業する方もいらっしゃるでしょう。

 

また、自分で、ぐっとクリエイティブな仕事がしたいとして自分のオフィスを構える方もいらっしゃると思います。

 

独立する十分な能力があれば、SOHOで開業することが出来ますね。

 

ですから、昔からあった主婦が在宅しながらデータ入力をするタイプのSOHOとは、違うときのSOHOが増えていることは事実です。

 

 

さて、SOHOのプロバイダ選びの話に戻りますが、家庭でネットを楽しむことと、SOHOでネットを使うのは、そのプライオリティーが違います。

 

ですから、業務用としてのプロバイダを選ぶべきなのです。

 

無論、リライアビリティも大切ですし、信頼のおけるプロバイダが必要ですし、扱うパソコンも、またそれを繋ぐ通信環境も望ましい状態でなければなりません。

 

ですから、パソコンも高性能のものが良いでしょう。

 

 

プロバイダとSOHO・データ入力、納期とサーバ

 

また、データのやりとりなど、SOHOは、受注から、作業、また、納品もネットで行なうことが多いです。

 

ですから、それに取り扱う回線速度は当然、高速のほうが良いですよね。

 

それに、会社のネットワークに入って作業をすることもあるでしょう。

 

ですから、このような場合、光ファイバーにより素早く、なおさら大量のデータを見せることが出来るようなプロバイダを選ぶ必要があります。

 

このようなことを考えた場合、業務用のプロバイダ、またはプロバイダで業務用の種類を携帯しているところを探してみると良いと思います。

 

プロバイダ選びを間違えると、ネット環境によって思ったように作業が出来ないことなどがありますから、気をつけたほうが良いでしょう。

 

 

SOHOにしろ、何に済ませろ、仕事の納期は守って当然ですよね。

 

これに間に合わないときずなも築くことが出来ませんから。

 

ですから、SOHOの場合は、取り扱う機器、ネット環境には十分に注意して下さい。

 

自分で取り扱う機器を選び、プロバイダも選び、自分で仕事をするのですから、十分に検討するべきです。

 

ネット環境でわからないことがあれば、SOHO支援のサービスを通じているところもありますから相談するのも良いですし、または先輩たちに伺っても良いでしょうね。

 

 

さて、SOHOをする方が、仕事用のプロバイダを選ぶ際、それには、なんと言ってもサーバが安定していることが重要なポイントとなります。

 

サーバがアッという間にダウンしてしまっているようなケースは、仕事になりませんからダメです。

 

プロバイダとSOHO、パソコンウィルス感染

 

一気に障害が発生しているようなプロバイダを使うことはやめたほうが良いでしょう。

 

回復するまでの時間がもったいないですし、大事な作業の間にダウンされても困りますからね。

 

仮に、お使いのプロバイダにこのような点が思いあたるなら、乗り換えも考えたほうが良いでしょう。

 

 

通常は、事務所の場所によって、アクセスポイントが違っていますよね。

 

ですから、災害らサーバがダウンしたことも想定してプロバイダを選ぶことも良いです。

 

と言うのは、地震が起きて、サーバがダウンしたとしても、他の地域にあるサーバで対応行えるシステムが整っているだが理想的です。

 

サーバが分散して設置されていれば、災害ら被害が集中しませんから、業務を再開することが出来ます。

 

また、メインのプロバイダとは別途予備として、別のプロバイダを契約することもお勧めです。

 

 

そしたら、SOHOを通しているみなさん、ウィルスにも十分に気をつけて下さい。

 

今はみなさん、ウィルス対策はばっちりやっている方が多いでしょう。

 

ですが、念には念を入れて、パソコンがウィルスにやられないようにしたいですよね。

 

それにはパソコンに添える対策ソフトを使うことはもちろんのこと、そしたらプロバイダのウィルス撃退サービスなどをつぎ込み、ダブルで守ったほうが良いです。

 

社内のパソコンが感染すると、やりとりを通じているゲストの会社にもウィルスを送って仕舞うことにもなりかねませんからね。

 

知らず知らずのうちに感染していて、丸ごとゲストにうつしてしまったということも遠のけなければなりません。

関連ページ

プロバイダとは
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
光回線とプロバイダ
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダの責任
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
2ちゃんねるとプロバイダ
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ責任法
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダと名誉毀損
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ料金について
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダのメールサービス
SOHOとプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。