光回線とプロバイダ

光回線とプロバイダ

光回線とプロバイダ
みなさんが今、お使いのインターネット回線はどういうものですか?
最近は光ファイバーがどっさり普及してきましたから、もはや、光に変更した人も多いでしょうね。

 

因みに我が家はADSLですが、まったく光工事を申し込んでいません。

 

ですから、最近、光の勧誘電話が多くなってきました。

 

アドバイザーとか、電話会社とかプロバイダとか、何処で調べたのか、勧誘の電話が度々かかってきます。

 

勧誘されたとしても、当然、はいと受けるわけには行きません。

 

まったく、光工事を依頼するか、何とか決めかねている次第です。

 

工事となるとまた、だらだら大変ですからね。

 

それに料金もADSLより少し高くなりますし、その辺も考えなければなりません。

 

二度と光を退くなら、ついでに地デジも光テレビにしたほうが良いかなど、他のことも見紛うと、余計に決められなくなります。

 

 

さて、インターネットの回線は何が一番良いのでしょうか?
どうしても、使い勝手を考えたり、速さを考えたりしたら、光ファイバーが一番良いのでしょうか?
光回線と他の回線を比べてみると、断然断然速度が違います。

 

光はとても速くて、楽に動きますし、ダウンロードも速いですからメリットは数知れないでしょう。

 

 

では、ADSLと比べた場合、光回線は、どうでしょうか?
相変わらずADSLを使っている方はプロバイダから私のように「光回線に変更しませんか?」という電話がかかって来ていると思います。

 

そういう電話を取る度に「うちもこれから光にしなきゃいけないのかな?」って思ってしまいますよね。

 

プロバイダは光回線に対応して速度に、電話回線も

 

プロバイダが勧誘の電話をかけて現れるときは、「今、キャンペーンを通じています」とか、言いますよね。

 

また、「今月中に申し込むと三ヶ月無料になります」とか、様々な特典をつけて、いよいよ変更させたがっているようです。

 

なぜなら、光回線にしようかなと考えている人は、一緒にプロバイダの乗り換えも見紛うからです。

 

光回線にするとき、「いっそ、安いプロバイダに変更しよう」とか、「光テレビを見分けることが出来るプロバイダに乗り換えよう」とか、光回線を導入することによってプロバイダも変更されて仕舞う可能性があるからです。

 

ですから、プロバイダは自分のところで契約したまま、光に切り替えることを勧めていらっしゃるのでしょうね。

 

 

さて、私も使っていますが、ADSLは自宅から、ポイントとなる交換局までの距離が速さに関係しています。

 

それによって、回線速度が変わって来るのです。

 

ですから、プロバイダで案内された速度より、家で真に使ってみたら速度が落ちたという話も聞きます。

 

それは仕方のないことだと捨てるしかないでしょう。

 

その点、光ファイバーでしたら、交換局から自宅までの距離には関係なく、すべて早いと言えます。

 

 

このように、速さのことだけ考えたら、光回線が一番良いということになりますよね。

 

では、光回線にするメリットは速度以外に何があるでしょうか?
それは家の電話に関係してきます。

 

どのおうちも電話はひいていますよね。

 

携帯電話が普及した今も、固定電話を以ているおうちがほとんどです。

 

プロバイダ回線、光電話固定

光回線とプロバイダ

 

もしも、光回線を退くなら、今ある電話回線をやめて、光電話にすることが出来るのです。

 

すると、料金は光回線のプロバイダ料金、プラス、光電話の料金ということになります。

 

これだけ聞くと、今まで支払っていた料金より高く向かうイメージがありますが、そうでもないのです。

 

その理由は固定電話の基本料金にあります。

 

今の固定電話は、みなさんが使っても使わなくても基本料金がかかっていますよね。

 

最近は携帯電話の普及で家の電話は、滅多に使わないと思います。

 

因みに、我が家も学校の連絡網くらいしか活かしません。

 

 

この固定電話の基本料金がなくなったらラッキーだと思いませんか?
その代わり、光電話の基本料金が必要ですが、固定電話より思う存分安いです。

 

ですから、電話料金だけで、考えてみるとさんざっぱら安くなるということです。

 

 

さて、ADSL回線より光のほうが、使用料金においては高くなるので、固定電話がなくなってもこの辺でとんとんになるのではないでしょうか。

 

若干高くなったとしても、数百円だと思います。

 

次いで、速度がのぼり、快適ネット環境になれば問題ないと思います。

 

我が家も光を導入したら、光電話にしようと思っていますからね。

 

 

さて、ADSL回線をフレッツ光にしようと思った場合、何社もあるプロバイダから選ぶことが出来ます。

 

プロバイダによって、付帯しているサービスがいろいろありますし、料金も違ってきますから、黙々と見比べてみましょう。

 

また、再びオプション料金を払えばよりいろいろ嬉しいサービスもありますよ。

 

 

プロバイダ、光回線で会員サービス

 

たとえば、光にすると、ネットを使いテレビで映画を探ることが出来るサービスもありますから、映画スキな人にはうれしいサービスですね。

 

DVDをレンタルしてくる料金も節約できますし、レンタルショップに行く時間も節約できることになります。

 

そうして、付帯サービスが自分にとってどんなメリットがあるか、よく考えてからどのプロバイダにするか決めたほうが良いでしょう。

 

 

また、プロバイダを変更しようとする人は、現在使っているプロバイダのサービスが、変更後使えなくなるので気をつけましょう。

 

プロバイダの会員サービスでホームページを作っている人、ブログを通じている人は解除後、引き続き使えるか確認したほうが良いですね。

 

プロバイダの無料サービスでこのようなサイトを作っている人も多いです。

 

ですが、プロバイダを乗換えたくても、サイトが消滅してしまうのが勿体なくて、乗換えられなくなりますから、本当は作りあげる際にこの先のことを考えておけば一番良いのでしょうね。

 

 

スタートの料金をキャンペーンで安くしているプロバイダもありますが、その料金がずっと先まで貫くわけではありません。

 

ですから、激安に提示されていても、先のことを考えてから契約ください。

 

モデムなどの必要な機械の利用料金など、工事費用、他に必要な費用はないか、正しく確認しましょう。

 

 

プロバイダを変えたい場合は、プロバイダだけを入れかえるより、一緒に回線も変えたほうがお得です。

 

料金は安くなるでしょうし、契約も一本で出来ますから、支払いも一部分で面倒がありません。

 

光でも安いプロバイダ

 

みなさん、ネットに接続するため、プロバイダを使用していると思いますが、どこのプロバイダによっていますか?
有名なところ、からきし知られてないところ、または地方特有のものなど、プロバイダにもいろいろありますよね。

 

 

特に繋がれば良いと思っている方もいらっしゃるでしょう。

 

プロバイダの付帯するサービスや、会員サポートなど充実していなくても良いので、さっそく安ければ良いという方もいらっしゃいます。

 

これらを気にしない方は、ちゃんと値段だけで選んでも良いかもしれません。

 

 

では、みなさんは、今いくらぐらいプロバイダ料金を払っていますか?
私はADSLとプロバイダ料金込みで4200円くらい支払っています。

 

これは、ほどほど良いほうではないでしょうかね。

 

私は、会員向けのサービスもうだうだ使っていますので、おおこの料金それでも納得しているわけですが、特に低いプロバイダを探している方にとっては、この4200円は厳しいかもしれませんね。

 

 

さて、激安プロバイダとなれば、毎月、いかほどぐらいですむのでしょうか?
ちょっと調べてみましたのでご紹介ください。

 

 

誠に、光回線で月525円、ADSLですと315円という激安のプロバイダがあります。

 

「BBエキサイト」というプロバイダですが、この価格には驚きですよね。

 

このプロバイダ、BBエキサイトは、現在、利用者が増え続けているそうです。

 

最も光回線にする場合は、光回線とプロバイダ、これを一緒に申し込めば、一番安いと言われています。

 

今、お使いのプロバイダを変えたい場合、こんな安いプロバイダも探してみると興味深いかもしれませんね。

関連ページ

プロバイダとは
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
SOHOとプロバイダ
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダの責任
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
2ちゃんねるとプロバイダ
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ責任法
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダと名誉毀損
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダ料金について
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
プロバイダのメールサービス
光回線とプロバイダ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。