いち早く商品化された3Dテレビ

いち早く商品化された3Dテレビ

いち早く商品化された3Dテレビ

映画業界で一足素早く3Dがはやりましたが、3D映像を映すテレビとしていち早く商品化されたものもありました。

 

ソニーの「3D BRAVIA」と、パナソニックの「3D VIERA」がそれです。

 

早々に購入したかたもいらっしゃるのでしょうね。

 

3D映像がご自宅で観られるなんて、心からウキウキすることですものね。

 

しかしながら、パナソニックの3D VIERAは裸眼3Dディスプレイではありませんから、3D映像をご覧になるためには、3Dメガネが必要です。

 

また、もうひとつの問題となったのは、3Dテレビの普及が早すぎて、テレビ局自体が3D対応になっていなかったのですね。

 

ですから、3D対応のブルーレイソフトと、3D対応のブルーレイプレーヤーがあってついに3D映像を楽しめるということなのです。

 

一方、ソニーの3D BRAVIAはどうでしょうか。

 

こちらも何より裸眼3Dディスプレイではありませんから、3Dメガネが必要です。

 

ですが、3D対応ブルーレイソフトや3D対応ブルーレイプレーヤーがなくても大丈夫です。

 

通常のブルーレイソフトも、テレビ局も、3D映像に変換して楽しむことが出来るという技術が施されているからです。

 

これは画期的でした。

 

但し、変換後の3D映像は、3Dの効果がまったく薄れてしまうから、些か残念ですね。

 

いずれにしても、その発売からそんなふうに年月も経たないうちに、裸眼3Dディスプレイテレビが発売されましたから、今後は裸眼3Dディスプレイ搭載テレビの方に人気が集中するのではないかと思われます。

 

 

3Dテレビは本当に普及するのか

 

3D映像の映画が爆発的なヒットをし、世の中は3Dブームのようになりましたね。

 

当然のように、各製造会社まずは3D映像が見られるテレビを開発して市場に出そうとするわけですが、肝心のTVのほうが、なんだか3D対応にならないのですね。

 

確かに、それは頷けます。

 

3Dテレビが話題になって売られ始めたとしても、果してどのくらいのかたが即座にそれを購入できるでしょうか。

 

最初はごくごく少数のかたでしょう。

 

最近、3Dメガネの要らない裸眼3Dディスプレイが発売されたことで、それまでよりも需要が伸びたようではありますが、まるでTVのほうの3D対応は、決して進んでいないようですね。

 

それが理由となっているのかどうか、3D対応の機器で最も売れているのは本当はテレビではありません。

 

現時点でのお話になってしまいますが、最も売れているのはブルーレイディスクレコーダーなのです。

 

その次がデジタルカメラで、次が初めて薄型テレビだそうです。

 

但し、このところの地デジ化によって、薄型テレビは最も売り払える商品に至るとも予測されます。

 

おそらく、3Dメガネが必要なテレビよりも、裸眼3Dディスプレイ搭載テレビのほうが、売れ行きが良いと思います。

 

ですが、いずれにいたしましても、従来のテレビに比べますと市場に出回ってまったく日が浅いため、購入した後に、あの製造会社のほうが良かったなどと後悔することもありそうです。

 

購入前にしっかりと見比べてくださいね。

 

 

裸眼3Dディスプレイのパソコン

 

裸眼3Dディスプレイが発売されたと聞きますと、我々は真っ先にテレビを思い浮かべるのではないでしょうか。

 

やっぱりテレビは依然娯楽のもっともたるものですし、一家に一台以上はある七つ道具もののものです。

 

ですから、自宅で3D映像を観ることが出来るようになったと聞くと、真っ先にテレビを思い浮かべるのだと思います。

 

ですが、もう裸眼3Dディスプレイを搭載した機器はテレビだけではありません。

 

テレビほどでは薄いにしろ、各ご家庭に極めて普及していますパソコンもそうなのです。

 

パソコンは、別個によって使い道が異なっていますから、パソコンで映像をご覧にならないかたも来ることでしょう。

 

ですが、最近はパソコンで映画などをご覧になったりするかたも非常に増えてきましたから、やはり裸眼3Dディスプレイであるほうが良いですよね。

 

テレビが裸眼3Dディスプレイなのに、パソコンが裸眼3Dディスプレイではない・・・などということは、とうに許されないことでしょう。

 

各社、ずっと裸眼で3D映像が見られるパソコン用ディスプレイを開発しています。

 

パソコンの場合には、オンラインで映画を確かめることもできますし、ブルーレイディスクを入れて映画を探ることも出来ます。

 

パソコンで眺める映像の全てが3Dにおけるようになるのでしょうか。

 

いずれはそうなるといたしましても、最初はいくらかの制限があるのでしょうか。

 

いずれにしましても、パソコン画面が
裸眼3Dディスプレイになるのはいやに楽しみですね。

 

 

裸眼3Dディスプレイの携帯電話

 

身の回りにあるさまざまな機器のディスプレイが、これからザクザク裸眼3Dディスプレイとなってゆきます。

 

これまでに、テレビとパソコンのお話をいたしましたが、その他に如何なるものが憧れ浮かびますか。

 

そうです。

 

携帯電話もそうですね。

 

携帯電話が発売されたのは、必ずしも何十年も昔のことではありません。

 

ですが、あっという間にパソコンを凌いで自分一台以上もの普及率になっているようですね。

 

ディスプレイが非常に可愛いので、感じ取れかたもいらっしゃったと思いますが、携帯電話のあの幼いディスプレイでさえも、裸眼3Dディスプレイに変わってくる。

 

いざ、いまや再び開発されていて、あとは本当に携帯電話に搭載するかどうかを検討しているところだというお話です。

 

ごくごく近い将来には、裸眼3Dディスプレイ搭載の携帯電話が発売されると思いますよ。

 

テレビやパソコンなどは、でも依然3Dメガネが必要だと言われても納得のゆく範囲であるというのですが、携帯電話を使用するたまに、逐一3Dメガネをかけるわけにはいきませんから、裸眼3Dディスプレイでなければならないですよね。

 

ようやく携帯電話の裸眼3Dディスプレイを開発したのはドコモだと言われています。

 

如何なるメカニズムになっているかと申しますと、液晶ディスプレイの上に重ねたレンチキュラーレンズというものを通してあげることによって、映像を立体的に感じられるのだそうです。

 

短く、見てみたいものですね。


関連ページ

最近流行りの3Dとは
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3Dディスプレイの分類
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
Perspectaのご紹介
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのスマートフォン
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレーム
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3D映画の将来
いち早く商品化された3Dテレビ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。