レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ

レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ

レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ

現在、裸眼3Dディスプレイは、視差障壁によるディスプレイの他にも、依然として延々と研究がなされ、商品化されてきています。

 

たとえば、そのひとつ、レーザーによる空気のプラズマ発光によるディスプレイもそうです。

 

お話が快活になってくるが、だいたいのことがわかって頂ければ良いので、全てを理解しようと思わずに先を読んでくださいね。

 

この、レーザーによる空気のプラズマ発光によるディスプレイというのは、レーザー光線を収束させた焦点において、空気がプラズマ化して発光する現象によるものです。

 

空気が発光してプラズマ化することで、画像を3次元的に描画することが出来るようになります。

 

のちに説明いたします「体積型ディスプレイ」にも間近いのですが、レーザーを走査して、焦点位置を変化させることによりフレキシビリティーのおっきい描画が可能となっています。

 

しかしながら現在のところまずは、3次元ベクタースキャンによります、極めて単純な図形を単色で表示するにとどまっているようですね。

 

ですが、前回もお話しましたとおり、裸眼3Dディスプレイは、依然として市場に出て間も乏しい商品ですから、今後、どれほどの進歩があるのか・・・それは、現段階では計り知れないものがありますからね。

 

この、レーザーによる空気のプラズマ発光によるディスプレイそれでは、観察する者が複数いたとしても、一気に規則正しい視差情報をあげることが出来ますから、これも非常に良い点であると思います。

 

 

体積型ディスプレイ

 

裸眼3Dディスプレイとして分類される中には、これまでご紹介いたしました以外にも、依然としていくつかの種類がありますが、今回はそれらの中それでも「体積型ディスプレイ」というディスプレイについてご紹介いたしましょう。

 

体積型のディスプレイは、例えば回転などのもの理的メカニズムによって、光の点を実際の空間内に表示するものを言います。

 

そうして、この種のディスプレイは、画素の代わりとして「ボクセル」と呼ばれている3次元的要素を利用します。

 

この方式によるディスプレイが、いまやアメリカActuality Systems社から発表されていまして、その名称を「Perspecta」と言います。

 

この名称をお聞きになったこと、またはPerspectaの画像をご覧になったことがございますか。

 

これは、一般的なディスプレイ・・・つまりテレビ画面やパソコン画面という二次元的画面を想像してはいけません。

 

直径が20インチほどのガラスで出来た半球の内部に、立体映像が表示されるという装置なのです。

 

このような裸眼3Dディスプレイを想像することが出来るでしょうか。

 

テレビ画面という二次元上で立体映像を探るよりも、どんどん、こういった立体映像の方がリアルで近未来的感じがいたしますね。

 

このPerspectaという裸眼3Dディスプレイにつきましては、後日、また詳細にご紹介したいと思っています。

 

このような装置で立体映像が見られるのは、とても便利でおもしろいことけれどもあると思います。

 

ますます進歩が繰り返しられることで、さまざまな分野で活用されることになるでしょう。

 

 

光線再生型ディスプレイ

 

裸眼3Dディスプレイの各種類をご紹介してきていますが、今回もその種類のひとつといたしまして、光線再生型のディスプレイについてお話してみたいと思います。

 

光線再生型のディスプレイもいくつかの種類に動機付けられます。

 

その中のホログラフィック・ディスプレイと呼ばれる装置や、インテグラル・フォトグラフィによるディスプレイというのは、光線の波面を再生することによって、観察する者に視差画像を提示しています。

 

インテグラル・フォトグラフィ方式は、IP方式とも呼ばれていますが、どのようなものであるのか簡単にご説明いたしましょう。

 

被写体から出る光の波面を全て取得し、再生することによって、ディスプレイの上で立体映像を表すというメカニズムの波面再生型立体ディスプレイです。

 

この、波面再生型立体ディスプレイといいますのは、立体映像を同時に複数の観察者に提示することが可能ですし、例えば、観察する者が、顔をディスプレイ側ではない至極別方向に対していたとしましても立体的に見えるという点が、大きな特徴でもあり、嬉しい部分でもあります。

 

現在、NHK放送技術研究所も、この系統の裸眼3Dディスプレイを開発中のようですが、それはどのようなものかと言いますと、屈折率分布レンズによるレンズアレイを、水平解像度が8,000万画素程度もあるような高精細カメラで撮影し、それをプロジェクターで別のレンズアレイに投影するというものだそうです。

 

博士でないかたには理解しがたいですが、そういった裸眼3Dディスプレイも近々一般的にのぼる日がくるのかもしれません。


関連ページ

最近流行りの3Dとは
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3Dディスプレイの分類
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
Perspectaのご紹介
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
いち早く商品化された3Dテレビ
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのスマートフォン
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレーム
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3D映画の将来
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。