3Dディスプレイの分類

3Dディスプレイの分類

3Dディスプレイの分類

近いうちに、裸眼3Dディスプレイのメカニズムについてお話をしようと思っているのですが、その前に知っておいて下さい事がいくつかあります。

 

それでは、3Dディスプレイの分類からご説明してまいりましょう。

 

立体映像を表示することが可能な3Dディスプレイは、ほんとにたくさんの種類に分類することが出来ます。

 

では、3Dメガネを必要とする3Dディスプレイからまいりましょう。

 

これは、アナグリフ式、液晶シャッター式、偏光式という3種類があります。

 

裸眼式の場合には、惜しくも細かい分類がなされています。

 

取り敢えず著しく分類いたしますと、空間分割表示という方式と、時分割表示という方式に分類することが出来ます。

 

空間分割表示のほうは、さらに視点設定と、光線空間再現に二分され、視点設定のほうは、そこからまた一段と二視点の方式と、多視点の方式とに分類されます。

 

光線空間再現のほうは、インテグラルという方式があります。

 

メガネ式と、裸眼式の他にも、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)式という方式もあります。

 

こちらはメガネ式に似ていまして、常時画像を表す機構全体が、観察する人間の頭部に装着達する形式となります。

 

明るいことをお分かりになりたいかたは、更に、検索するなどして調べてみてくださいね。

 

ここでは、それにつきましては割愛いたします。

 

では、裸眼3Dディスプレイの方式に関しまして、次回からもう少し、詳しい説明に入ることにいたしましょう。

 

 

裸眼3Dディスプレイについて

 

今回は、裸眼3Dディスプレイについて、少し細かいお話を通じてゆきたいと思います。

 

裸眼3Dディスプレイの画像を、とっくにご覧になったことがあるというかたは、どのくらいいらっしゃいますでしょうか。

 

ご覧になって、どのように思いましたか。

 

激しい技術だと思いませんでしたか。

 

そうして、どのようなメカニズムになっているのかと、多少なりとも興味を抱いてくれていたら嬉しいのですが・・・。

 

本日のお話は、興味がないかたにとっては、僅か退屈かもしれませんが、簡潔にお話いたしますのでどうにかお付き合いくださいませ。

 

裸眼3Dディスプレイだが、この正式名称は「autostereoscopic display」と言いまして、日本語に訳しますと、裸眼立体ディスプレイということになります。

 

3Dとは、つまり立体のことでもありますから、おんなじとしていただいてよろしいかと思います。

 

それにしてもこの裸眼3Dディスプレイが、何故、3Dメガネもなしに片方ずつの目に、異なる映像をのぞかせることが出来るのでしょう。

 

因みに、この片方ずつの目に異なる映像を見せつける技術のことを「視差障壁」と言います。

 

これは、左右の目に別々の光線を入射させるメカニズムなのですね。

 

この技術のおかげで、裸眼なのにちゃんと3Dに見えてしまうのです。

 

思い切り画期的な発見であったことと思います。

 

この、視差障壁にも二種類ありまして、ひとつを「パララックスバリア方式」、いまひとつを「レンチキュラーレンズ方式」と言います。

 

 

パララックスバリア方式

 

前回の記事を読んで下さったかたは、裸眼3Dディスプレイのメカニズムが、やっぱり理解出来たのではないかと思います。

 

一般のかたは、詳細まで知ろうとしても難解で理解するのが大変だから、簡単なメカニズムが聞き取れるだけでも良いと思います。

 

前回のおわりで、片方ずつの目に違う映像を見せつける技術のことを「視差障壁」と言い、それには二種類あるというお話をいたしました。

 

本日はそのひとつである「パララックスバリア方式」についてご紹介いたしましょう。

 

パララックスバリア方式といいますのは、観察する者の左右それぞれの眼にことなる画素が当てはまるよう、表示画素の手前に左右2画素ごとにひとつの穴、ないしは溝を設けた遮蔽板を練ることによって両眼視差を編み出す方式を言います。

 

それによって、観察する者は3D眼鏡から開放されるのですが、それぞれの画素がひとつの穴、若しくは溝を通じ、左右2画素を正確に両眼で当てはまるようなふさわしい位置に居なければ両眼視差の効果は得られないという、ちょっとした弱点があります。

 

さらに、画素の書き換え速度は通常の2D表示と同じですむのですが、左右の画面解像度は半分になってしまい、見た目の明るさも半分以下になって仕舞うのも、心残り部分です。

 

ですから、たとえば、テレビがパララックスバリア方式の裸眼3Dディスプレイであった場合、両眼視差の効果が得られるふさわしい位置に座って、番組を遊べる人数は乏しいということになりますね。

 

ディスプレイの大きさにもよるでしょうが、家族の人数が多ければ多いほど、3Dできちんと蔓延る人は少なくなるということです。

 

理解できていますか。

 

 

レンチキュラーレンズ方式

 

裸眼3Dディスプレイにおける視差障壁の二種類のうち、一種類を前回、ご説明いたしました。

 

パララックスバリア方式という方式についてです。

 

今回は、もう一度一種類のほうである「レンチキュラーレンズ方式」についてお話いたしましょう。

 

このレンチキュラーレンズ方式を理解するためには、パララックスバリア方式について、更に読み返していただかないとなりません。

 

好ましいですか。

 

パララックスバリア方式では、ディスプレイの半分以上が遮蔽板に遮られて黒色となってしまい、見た目の明るさが半分以下に上るのでしたね。

 

それを改善するために、レンチキュラーレンズ方式では、単純な遮蔽板と穴或いは溝ではなく、レンチキュラーレンズというものを用いることにより、左右の画素の光を最大限に観察する者の視点へと振り向けるようにしたのです。

 

なので、面白い3D画像を観ることが出来るというわけです。

 

また、現在は、観察する者の位置が制約されて仕舞うという問題を解決するため、カメラにて観察する者の視点を検知し、レンズやバリアを最適な位置に動かすという研究も行われているようです。

 

それほど考えますと、未だ裸眼3Dディスプレイは、この先、進歩する可能性がたくさん残されているということになります。

 

如何なる電化製品も、年月が経つごとに、より可愛らしく改良されてしまうが、この裸眼3Dディスプレイは、依然市場に出て間も弱い商品ですから、今後に相当期待出来るでしょう。


関連ページ

最近流行りの3Dとは
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
Perspectaのご紹介
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
いち早く商品化された3Dテレビ
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのスマートフォン
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレーム
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3D映画の将来
3Dディスプレイの分類、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。