最近流行りの3Dとは

最近流行りの3Dとは

最近流行りの3Dとは

 

近ころよく耳にするようになりました3Dですが、あなたはこの3Dについて、ご存じでしょうか。

 

ご年配のかたでしたら3Dと言われましても、なんのことであるのか、ちっともわからないかたも多いと思います。

 

テレビも3Dが主流ですとか、パソコンも3Dが主流に罹るですとか、携帯電話も、携帯ゲーム機なども3Dが主流に罹るという話を、必ずかわいく聞きます。

 

そのように聞きますと、何やら見るための画面に関係ありそうですね。

 

テレビやパソコンの画面のことを、ディスプレイと言ったり、モニターと言ったりしますが、その部分が3Dになるということなのです。

 

さぁ、3Dは何。

 

これは略語ですが、正式には「three dimensions」又は「立体」と言います。

 

日本語に訳せば「3次元」ないしは「3次元の」という意味です。

 

3次元と言われても・・・?よくわからないですよね。

 

3次元というのは、我々が住んでいるこの世界のことを指してよく扱う言葉でもありますが、簡単に説明するとすれば、縦と横と高さによる立体世界の事を言います。

 

つまり、これまで縦と横だけの2次元世界であったディスプレイが、3次元に見えるようになるというのが「3Dディスプレイ」なのです。

 

数十年も前に、赤いセロファンと青いセロファンがはめ込まれた紙製のメガネなどで、飛び出す映画をご覧になったことがあるでしょう。

 

あれよりもなおさら精巧な3Dを、今後は裸眼で見分けるのが普通になってくる。

 

裸眼で3D画像を観ることが出来るディスプレイを「裸眼3Dディスプレイ」と言いますが、これが主流になってくるね。

 

一家に一台・・・いえ、二台、三台という裸眼3Dディスプレイがあるという時代も、近々そこまで来ています。

 

3Dメガネが必要なくなる!?

 

前回、3Dについてのご説明をいたしましたが、終わりの方で3Dメガネのお話もちらっといたしましたね。

 

以前は、3Dの画像を見極めるためには本当に3Dメガネを必要といたしました。

 

但し、裸眼3Dディスプレイの場合には、文字通りメガネが必要なく、裸眼のままで3D画像を見分けることが出来るというのです。

 

そういう苦しいメカニズムに縁のない我々にとりましては、少々不思議な感じがしますよね。

 

何ら、近未来的サイエンス・フィクションの世界けれどもあるかのようですが、すでにそれは遠い夢もの語ではなく現実のものとなっています。

 

あの3Dメガネを使用して、一番初めにご覧になった映画はなんでしたか。

 

今でもまだまだ覚えていらっしゃるでしょうか。

 

一番、記憶に新しい映画というと、多くのかたは「アバター」をあげるのではないでしょうか。

 

何ともアバターという映画は、3Dであることが話題に拍車をかけたと言っても良いでしょう。

 

アバターの3Dメガネを受け取ったところ、技術が進歩しているのだな・・・と感じました。

 

もっと、赤や青のセロファンなどではなく、普通のサングラスのようでしたね。

 

いずれにしましても、最初に観た3D映画はとても画期的だった記憶があります。

 

とっても飛び出て観えることが子供心にも面白い驚きで、何度も3Dメガネをかけたり外したりしていましたね。

 

ですが、正直に申しまして、あの3Dメガネは、思い切り手ごわいものがありましたよね。

 

日常的にメガネをかけているかたにとっては、その上からますます3Dメガネをしなくてはならないのですから、はたして大変でした。

 

ただし、やっと裸眼3Dディスプレイの登場によって、3Dメガネが必要なくなったのです。

 

技術は、確実に進歩していますね。

 

 

現在の3D映像

 

数十年前の3D映像であれ、極めて最近の3D映像であれ、まさにご覧になったかたでしたら、容易に思い浮かべることが出来るかと思いますが、過去に一度もご覧になったことがないかたでしたら、なかなか想像出来ないのではないかと思います。

 

いかがでしょうか。

 

また、実物とは、まったく異なる感じで想像しているかたも、来るかもしれませんね。

 

正確な事を言いますと3D映像というのは、あなたが今、頭に思い浮かべたその映像、一種類だけではありません。

 

現在のところ、3D映像と呼ばれているものは二種類あるのですが、それを簡単にご説明いたしましょう。

 

予めひとつ目は、映画などで大きく知られているほうの3D映像です。

 

こちらは、右目と左目の各々に、別の映像を見せることによって3D・・・つまり立体感を表現しているのですね。

 

これは、昔の3Dメガネが片方は赤いセロファン、すでに片方が青いセロファンだったことを思い出せば、納得がゆきますでしょう。

 

右目と左目で、違う映像を観ています。

 

では、あまりの3D映像は・・・といいますと、空間に画像を立体的に投影するものです。

 

こちらは前者よりもまだまだ圧倒的に少ないですね。

 

こちらのほうが、テクニカルにハードルが厳しいのでしょう。

 

現在、ひろがりつつある裸眼3Dディスプレイも、基本的にはともかく前者のほうです。

 

但し、3Dメガネを必要としないのですから、ひと昔前に見比べますと大変、進歩したと言えるでしょう。

 

裸眼3Dディスプレイのメカニズムにつきましても、後日お話してみたいと思います。


関連ページ

3Dディスプレイの分類
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
レーザーによる空気のプラズマ発光を利用したディスプレイ
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
Perspectaのご紹介
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
いち早く商品化された3Dテレビ
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのスマートフォン
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
裸眼3Dディスプレイのデジタルフォトフレーム
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。
3D映画の将来
最近流行りの3Dとは、WiMAX2+って実際には速度どれくらい出るのかを解説します。