乳首ピンク方法

 

乳首をピンクにする方法は、トレチノインハイドロキノン療法が最も効果的

女性なら誰でも気になるコンプレックスは「乳首の黒ずみ」ですよね。乳首が黒ずんでいるだけで「遊んでいるオンナ」「経験人数が多いオンナ」など、男性はいろいろな偏見を持ってしまうことは、言うまでもありません。

 

乳首が黒ずんでいるだけで、恋愛が長く続かなかったり、自分のことを大切に思ってくれなかったりする経験を持っている人も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、全員の男性がそんな風には思わないでしょうが、口には出さなくても心の中では思ってしまうというデータまでちゃんと出ているので、実際はかなり重要な恋愛の問題になっています。

 

乳首の黒ずみを解消してピンク色を目指す方法は、医薬部外品などのよくありがちな乳首用のお手入れクリームでは効果がありません。

 

こういう私も大手ネット通販などで乳首をピンクにするクリーム(医薬部外品)を何種類も購入して、3年ほどいろいろ試しましたが、どれも全く効果が無く、騙され続けてきました。

 

もう諦めかけた時に、もうこれで最後だと覚悟して美容皮膚科を受診しました。

 

そこで初めて知ったのが、乳首の黒ずみは色素沈着なので、医薬部外品などの簡単なお手入れでは治らないということと、美白治療なら自宅でできる「トレチノインハイドロキノン療法」が最も効果的で、東京大学の美容整形外科の吉村先生という方が論文で発表したことをきっかけに、今では全国の美容整形外科や美容皮膚科で薦められている美白治療法であるということ。

 

乳首をピンクにする方法をお探しなら、ぜひトレチノインハイドロキノン療法を試してみてください。なぜなら、何をやってもダメだった私の乳首の黒ずみが、わずか3ヶ月程度で驚くほど改善され、私自身が一番ビックリしているんですから。

トレチノインハイドロキノン療法は美容クリニックだと高額治療になります

美容皮膚科を受診して、トレチノインハイドロキノン療法を薦められた私は、すぐに治療を開始することができませんでした。

 

その理由は、治療費と治療薬代が保険適用外になるため、かなり高額になり、経済的に3ヶ月〜半年の治療を継続することが難しいと思ってしまったからなんです。

 

美容皮膚科だけで無く、美容整形外科も受診して見ましたが、トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を購入する場合、処方された治療薬を購入すると1ヶ月分で約3万円〜5万円ほどかかることがわかりました。

 

トレチノインハイドロキノン療法の治療期間は、3ヶ月間の治療が1クール、その後2週間休んで、また3ヶ月間の治療という感じを繰り返します。

 

治療方法は、トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を乳首や黒ずみが気になる患部に1日1回塗るだけですので、そんなに難しいことはありません。

 

ただし治療中は、肌が極度に乾燥したり、赤みを帯びたりする期間もありますので、保湿と摩擦などの刺激、紫外線など外部からの刺激を避ける必要があります。

 

毎月3万円〜5万円を支払い続けるトレチノインハイドロキノン療法は、個人的には経済的負担が大きすぎて、安易に手を出せない私がネットで検索しまくって、なんとか治療薬を格安で購入する方法が無いかと探していた時に、個人輸入の通販サイトと出会いました。

乳首をピンクにする治療薬を通販最安値で買う方法は個人輸入のオオサカ堂

トレチノイン治療薬とハイドロキノン治療薬を格安で購入したいなら、信頼できる個人輸入の通販サイト「オオサカ堂」が最安値です。

 

美容クリニックではトレチノイン(0.1%)治療薬が20gで16,000円前後するのですがオオサカ堂のトレチノイン治療薬スティーバA0.1%なら20gで2,100円程度、ハイドロキノン(4%)治療薬は美容クリニックで20g12,000円前後ですがオオサカ堂のハイドロキノン治療薬ユークロマクリームなら25gで1400円程度で購入することができます。

 

もちろん最初は美容皮膚科や美容整形外科でトレチノインハイドロキノン療法について、詳しく教えてもらった方がいいので、お金と時間がある方は美容クリニックで購入することお勧めしますが、もう治療を始めている方やトレチノインハイドロキノン療法について知っている方は、個人輸入のオオサカ堂を利用するほうが遥かにお得になります。

 

私自身、最初は美容皮膚科で2週間分を3万円程度で購入しましたが、それ以降はオオサカ堂のユークロマクリームとスティーバAで月4,000円程度の治療薬代で美白治療を続けました。

 

トレチノインハイドロキノン療法は、自宅で自分で治療ができるので、医師に乳首を見せる必要がなく、個人輸入で治療薬を購入すればいいので、自分でこっそり治療できるのもかなりオススメなんです。

 

治療中の注意点としては、最初の2〜3週間は皮膚が赤みをおびて、かなり乾燥するので、保湿ゲルやクリームなどを用意することが重要です。

 

あとは摩擦や紫外線による刺激もよくないので、紫外線対策や摩擦予防のための対策も大事になります。

 

3ヶ月間、治療をしたら2週間ほどお休みを入れて、乳首の黒ずみをもっと薄くしたいなら再度3ヶ月間の治療にはいります。

 

まずは最初に3ヶ月間、トレチノインハイドロキノン療法を試してみると、乳首の黒ずみが軽減されて、あの頃のピンクの乳首に戻り始めるので、気になる方はぜひ自宅で治療してみてくださいね。

乳首をピンクにするなら「オオサカ堂」この3つを併用して美白の相乗効果を

トレチノイン治療薬(スティーバA)

美容クリニックで処方されるトレチノイン治療薬と同様の効果があるスティーバAは肌の新陳代謝を促進してターンオーバーを早め、ユークロマクリームと併用することで美白の相乗効果が高まる乳首の黒ずみにも使える治療薬です

 

>>詳しくはこちらから>>

ハイドロキノン治療薬(ユークロマクリーム)

ハイドロキノン治療薬のユークロマクリームは化粧品のハイドロキノンとは違い、美白効果が承認されている治療薬になります。トレチノイン治療薬と併用することで美容クリニックでも推奨されているトレチノインハイドロキノン療法が可能です

 

>>詳しくはこちらから>>

飲む美白治療薬(トランサミン250mg)

乳首をピンクにする方法だけでなく、透明感のある肌になりたいなら、飲む美白治療薬と言われているトランサミン250mgを服用することが効果的。美容クリニックだと高額なトランサミンも個人輸入のオオサカ堂なら手頃な値段で購入できます

 

>>詳しくはこちらから>>

乳首をピンクにする方法はトレチノインハイドロキノン療法とトランサミン

※美容クリニックで処方されるトレチノイン治療薬と同様の商品はスティーバAになります。
<<トレチノインジェルは効果があまり無く、臭いもくさいので個人的には失敗でした。>>
少し高くても後悔したくないならスティーバAを購入することを強くオススメします。